リカーゾリが挑む新たな挑戦!3つの個性が際立つキャンティクラシコ グランセレツィオーネ「クリュ」3本セット限定リリース!

2019/11/12
  突撃インタビュー
 
2019年10月10日 バローネ リカーゾリ社 フランチェスコ リカーゾリ男爵

1141年創業リカーゾリ32代目当主が挑む新たな挑戦!
土壌調査をもとにたどり着いたキャンティクラシコの可能性
3つの個性が際立つグランセレツィオーネ「クリュ」3本セット限定リリース

リカーゾリ男爵
バローネリカーゾリ社は、1141年から続くトスカーナの名門ワイナリーです。現オーナーのフランチェスコ リカーゾリ男爵は、2005年にサンジョヴェーゼの本質を追究するため壮大なプロジェクトを開始しました。自社の広大な畑の地質調査を実施し畑ごとの土壌を化学的に解明したのです。その結果、19種類の土壌に分けられ、さらに、主に5つの土壌基質に分類出来ることが判明しました。その中から、3つの畑に植えられたサンジョヴェーゼに特別な個性を見出しました。それが今回限定リリースとなる「ラリタスグランセレツィオーネ」3本セットです。今回は、「ラリタス」お披露目のために来日したフランチェスコ リカーゾリ男爵に今回の3つのクリュグランセレツィオーネについて詳しくお話を伺いました。

2005年から始動した240ヘクタールに及ぶ自社畑の土壌調査プロジェクト

今までの経験や感覚ではなく化学的に土壌を研究したいと思い、2005年にイタリアの農業研究機関と協力し、ブローリアにある240haに及ぶ自社畑の土壌分析を開始しました。12年間に及ぶ地質調査の結果、19種類の土壌の性質がありそれらは主に5種類の土壌基質に分けられることが判明しました。

【バローネリカーゾリの自社畑の5タイプ】

畑リカーゾリ
■Macigno del Chianti formation(キャンティを形成する岩石)
地図の褐色部分。カンティーナ近くに広がる土壌。

■Scaglia Toscana(トスカーナの石灰質及び粘土に富む岩石)
地図の紫色部分

■Monte Morello(モレッロ山)
地図の緑色部分。コッレディラの畑はここに含まれる。

■Marine deposi(海成堆積物)
地図の黄色部分。ロンチコーネの畑はここに含まれる。

■Ancient fluvial terrace(古代河岸段丘)
地図の青色部分。チェーニプリモの畑はここに含まれる。

壮大な土壌分析プロジェクトは、古くからブローリアでワイン造りを行い、広大な畑を持っていたから私たちだからこそ、実現できたプロジェクトだと思います。個性の異なる様々なタイプの土壌を持っているということは、私たちの強みです。

リカーゾリが追い求める理想のサンジョヴェーゼの本質

リカーゾリサンジョヴェーゼは、土地を反映しやすい品種です。私たちはサンジョヴェーゼをどの区画の単一畑で瓶詰めするのが興味深いのかを追求していきました。単一畑で作るには、毎年ある程度一貫性の個性があり、表情が変わらないものでなければなりません。5種類の畑のサンジョヴェーゼを検証し、特に畑の個性をはっきりと表現する3つのクリュを「クリュグランセレツィオーネ」として2015年ヴィンテージで初リリースしました。それが今回の「ラリタス」3本セットです。
今後、残りの2か所の畑のサンジョヴェーゼの個性がはっきりと見出せ、毎年、一貫性のあるテロワールが表現できるようになれば、それもクリュグランセレツィオーネとしてリリースする予定です。気候や醸造によって現れたり消えたりするのではなくそれらに関係なくきちんと現れる特徴こそ、バローネリカーゾリが追い求める理想のサンジョヴェーゼの本質です。
 
3つの個性が際立つグランセレツィオーネ「クリュ」3本セット
ラリタス キャンティ クラシコ グランセレツィオーネ「クリュ」3本セット バローネ リカーゾリ
土壌分析プロジェクトの結果、最初にリリースしたのが2007年ヴィンテージの「コッレディラ」です。そして今回、畑の特性を表現するサンジョヴェーゼが確立されてリリースしたのが、2015年ヴィンテージが最初となる「ロンチコーネ」と「チェーニプリモ」。造られたのは創業年と同じ数字の1141セットで日本へは50セットのみの割り当てとなった、超限定のセットです。

試飲コメント:果実味を核とした酸とタンニンの見事なバランスの「コッレディラ」、華やかで印象的なミネラルをたたえたエレガントな味わいの「ロンチコーネ」、骨格のしっかりとしたスタイルで重厚かつ濃厚な「チェーニプリモ」。サンジョヴェーゼの本質を追究したバローネリカーゾリの3つのクリュグランセレツィオーネ。

ラリタス キャンティ クラシコ グランセレツィオーネ「クリュ」3本セット バローネ リカーゾリ
果実味を核とした酸とタンニンの見事なバランス
コッレディラ キャンティ クラシコ2015
Monte Morello(モレッロ山)土壌のサンジョヴェーゼです。バローネリカーゾリの揺るがないスタイルが見事に表現されたキャンティクラシコ。土壌はモンテモレッロと呼ばれる石灰岩、岩が多く炭酸カルシウムを多く含む粘土質土壌に植えられています。サンジョヴェーゼ100%。海抜350mから390m。

試飲コメント:骨太な骨格とボディ、豊潤な果実味が魅力的です。柔らかく熟れて熟したタンニンも見事!ブラックチェリー、イチゴ、バニラ、ココアなど力のある香りも素晴らしい。

コッレディラ キャンティ クラシコ2015
華やかで印象的なミネラルをたたえたエレガントな味わい
ロンチコーネ キャンティ クラシコチコーネ グランセレツィオーネ2015
Marine deposit(海成堆積物)土壌のサンジョヴェーゼです。今から5万年前~258万年前の鮮新世(せんしんせい)に堆積した海成堆積物で砂や海で磨耗した岩や砂が多い土壌です。地下のかなり深い部分にまで粘土を含んだ有機物に富んでいます。サンジョヴェーゼ100%、海抜300mから350m。

試飲コメント:躍動するスパイス感、フレッシュな果実味を支える厚みのある酸味。突出した鉱物系のミネラルとタンニンにより立体感も感じられます。力のある余韻と旨味、エレガントな仕上がりはさすがとしか言いようがありません。

ロンチコーネ キャンティ クラシコチコーネ グランセレツィオーネ2015
骨格のしっかりとしたスタイルで重厚かつ濃厚
チェーニプリモ グランセレツィオーネ2015
Ancient fluvial terrace(古代河岸段丘)土壌のサンジョヴェーゼです。
今から約258万年前から約1万年前に形成された川が上流から運んできた堆積物で出来た土壌に植えられています。一番低い所と一番高い所の高低差は80m以上もある畑で石ころがごろごろと転がっています。サンジョヴェーゼ100%。海抜260mから300m。

試飲コメント:複雑でちからのある風味が立ちあがり研ぎ澄まされた骨格、膨大で厚みのあるタンニンがありながらエレガンス!ボリュームのある果実味、舌触りは非常に柔らかで凝縮した旨味、太く長く強い余韻が素晴らしいです。

チェーニプリモ グランセレツィオーネ2015
インタビューを終えて

キャンティの基礎を築いた歴史的生産者、バローネリカーゾリ。その現当主であるフランチェスコリカーゾリ男爵は、いい意味で男爵らしくない、とても気さくな方でした。今回通訳で同席して下さった宮嶋さんと長い付き合いで、一緒に宮崎県日向市に行き、日本刀で竹を切る体験をしたというお話をしてくれました。男爵は、「宮嶋さんは上手だった。僕は力が入りすぎてうまく切れなかった。日本刀は難しい。」と悔しそうにしていて、男爵のおちゃめな一面も垣間見ることができることができました。 

伝統を重んじながらも、革新の道を進むバローネリカーゾリの新たな挑戦から生まれた「ラリタスグランセレツィオーネ」3本セット。果実味を核とした酸とタンニンの見事なバランスの「コッレディラ」、華やかで印象的なミネラルをたたえたエレガントな味わいの「ロンチコーネ」、骨格のしっかりとしたスタイルで重厚かつ濃厚な「チェーニプリモ」。サンジョヴェーゼの本質を追究したバローネリカーゾリの3つのクリュグランセレツィオーネ。飲み比べてぜひ感じ取って頂ければと思います!

集合写真
バローネ リカーゾリのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒