「イタリアワインTOP100」に選出!歌手スティングのワイナリー イルパラジオ

突撃インタビュー
2016年11月27日 イル パラジオ社 スティング氏

スティング来日!トスカーナに所有する「イル・パラジオお披露目パーティ」に参加

スティング

シスタームーンがオペラワインで「イタリアワインTOP100」に選出

伝説的バンド「ザ・ポリス」のヴォーカリストで、ソロ転向後もグラミー賞を受賞を受賞するなど世界的なアーティストのスティングさんが、2016年のワインスペクテーターとヴィニタリーの共催の「オペラワイン」で「イタリアワインTOP100」に「シスタームーン 2011年」が選出されたことはビッグニュースとして世界に配信されたばかりです。

スティングが再興させたカンティーナ「イル・パラジオ」

トスカーナはフィレンツェの南東にある中世の都市フィリーネ・ヴァルダルノの近く、

 

見晴らしの良い切り立った丘にある350ヘクタールもの畑を持つカンティーナを20年前に購入し、ワイン造りを始めたスティングさんと妻のトゥルーディーさん。二人は1700年代から耕作され、その後貴族の所有となり近年荒廃していたカンティーナでワイン造りを開始し、豊かなカンティーナへと再興させました。

栽培家アラン・ヨーク氏と醸造家パオロ・カチョルーニアが支える「イル・パラジオ」

イル・パラジオは現在ビオディナミで有名な栽培コンサルタントアラン・ヨーク氏と醸造担当のエノロゴパオロ・カチョルーニア氏が関わってワインを造っているのですが、

 

私が2002年に初めて訪ねたイタリアの地がトスカーナのサンジミニャーノという町なのですが、滞在中に若きエノロゴのパオロ・カチョルーニア氏と夕食をともにしておりました。一緒にディナーを食べながら、ワイン造りを熱く語られていた時のことが、今でも鮮やかに思い出され、当時はお互いにスタートしたばかりの駆け出しの頃で、今また、こうして活躍の様子を耳にできてとてもうれしく感じ、スティングさんを通じての不思議なご縁を感じられたところでおりました。

「イル・パラジオ」お披露目パーティ

そのスティングさんが6年ぶりの来日とういことで、スティング所有のカンティーナ「イル・パラジオ」のワインをお披露目する小さなパーティが11月27日に催されました。

 

ホテルの最上階で催されたそのパーティには30名ほどの関係者がいたのですが、スティングさんが現れるとどよめきが起こり歓喜の声沸き起こりました。

 

当日日本に着いたばかりというスティングさんはお疲れの様子も見せず、一人一人に挨拶をして回られました。

 

「20年前にトスカーナのこの地を訪れた時にその地は荒廃していたけれど、そこには池があり、とても美しい土地だった。かつては繁栄していたという土地は、貴族の末裔が所有者で、ワインを飲んでみておいしかったから、購入を決めた。

 

そして、ワインを造ってみたらそのワインは、あの時飲んだようなおいしいワインじゃなかった。それからいいワインを造ろうと心に決めて、ビオディナミの大家のアラン・ヨークにお願いしたりと本格的に取り組んだ。

 

広大な土地だから今のように復興するのは大変だったけれど、やると決めたから、なにもかも惜しまず取り組んだんだ。

 

最初の10年間はずっとそこに居たよ。最近は夏の間訪れているんだけどね。カンティーナにはスタジオもあるし、セラーで作曲をしたりもする。ワイン達は僕の音楽を聴いて熟成してるからおいしいはずだ。」

 

とおっしゃって笑ってらっしゃいました。

 

「ワインはサインのようなもの、指紋のようなもの、そう、声のようなもの。自分の歌声が違うように、ワインの個性もその土地に根差したオリジナルなものなんだ。」

 

オリジナリティと言うものを大事にされているアーティストらしい発言が、ワインのテロワールを大事にするという部分と共通していて、「声がひとりひとり違うように」

 

とおっしゃったときのわずかに弾んだ声の調子が印象的でした。

 

最後に参加者全員で集合写真を撮りました。厚かましくもセンターに行きまして、幸運にもスティングさんが肩に手を置いてくれました。大きな手から温かなぬくもりが伝わって嬉しかったです。

イル・パラジオのワインをたくさんのお客様に喜んで頂けた話も直接伝えることができました。
スティングと記念撮影

■ イルパラジオ初のロゼワイン
ベッペ ロザート 2015 (日本未入荷)
2015年がファーストヴィンテージのロゼワインです。サンジョヴェーゼを主体にトスカーナの伝統的なブドウを幾つかブレンドしています。

 

試飲コメント:明るいピンクの色調でパイナップルや白桃を思わせるフレッシュでフルーティーな香りです。イキイキとした酸味があり非常に飲みやすい上質のロゼです。

 ヴェルメンティーノ種主体の新たな白ワイン「メッセージ イン ア ボトル ビアンコ」
メッセージ イン ア ボトル ビアンコ 2015 (2016年春リリース予定)
ヴェルメンティーノ主体にソーヴィニョンと少しのトレッビアーノがブレンドされたワインです。魚や野菜料理との相性が良い心地よい酸味を持つワインです。

 

試飲コメント:レモンのような柑橘の爽やかな香りにクリアーな果実感と伸びのある酸味が魅力的です。食前から前菜、魚料理まで幅広く合わせる事が出来ます。

素晴らしい果実感と香ばしい余韻!歌手スティングの一遍の詩が綴られた「メッセージ イン ア ボトル」
メッセージ イン ア ボトル2013
「メッセージ イン ア ボトル」はスティングがヴォーカル兼ベーシストを務めた1970年代の伝説的バンド「ザ ポリス」が1979年にリリースした2作目のアルバム「レガッタ デ ブラン」の冒頭の1曲に収録された最も有名な楽曲と同じ名前がつけられています。このアルバムで「ザ ポリス」人気を不動のものとし、イギリスにおいて初めて1位を獲得、以降4週連続一位の快挙を成し遂げ、名盤中の名盤と言われています。

 

試飲コメント:20度で温度管理されたステンレスタンクで7~8日間醗酵後、12ヶ月間フレンチオーク樽熟成後リリースされる「メッセージ イン ア ボトル」は、濃いルビーの色調にチェリーやプラム、ブラックベリー、甘草やスパイスの香りが豊かに広がります。飲むと、厚みと凝縮感を持った果実感は、タンニンと見事なバランスを成し、穏やかな酸味と相まって飲み口は力強くも非常に円やかです。複雑味がありながらも綺麗に折り重なるスパイスの風味が実にエレガントです。サンジョヴェーゼ種にシラー種のスパイシーさとメルロー種の円やかさの異なる個性が見事に纏まり、絶妙なハーモニーが感じられます。

メッセージ イン ア ボトル2013
全てオーガニックで造るリッチで滑らかな飲み心地のキャンティ!
ウェン ウィ ダンス キャンティ2014
スティングのラブバラードの中でも「ウェン ウィ ダンス」はメロディアスで切ない楽曲で人気ナンバーとして知られています。魅力的なラベルも目が離せません。スティングを聞きながら飲むものまた一興です。

 

試飲コメント:世界的ワイン評論家ジャンシンスロビンソン女史が「軽やかな香り。フレッシュな酸味と疑う余地のない味わいの深さと果実の豊かさがある」と絶賛されているワインなんです!スティングのワインの入門編にはピッタリのお値打ちワインです。

ウェン ウィ ダンス キャンティ2014
困難な状況でもこのワインを飲んで楽しんでほしい
カジノ デッレ ヴィ2012
1940年代に活躍した曲芸師がラスベガスのホテルで逆さまになっているラベルです。ワインボトル一本でバランスを保っているのは、逆さまになる位の困難な状況でもこのワインを飲んで心を落ち着かせて欲しいという意味が込められているそうで、ボトルの裏ラベルには「人生で辛い時は、一杯の良いワインで明るくなる事もあるさ。飲もう!」とスティングからのメッセージも添えられています。

 

試飲コメント:バラの花びらの香りにドライチェリーや杉の個性が重なる香り。フルボディで上質なタンニンがあり、ゴージャスなアフターテイストが広がる。無農薬栽培で育てられたブドウから造られます。

カジノ デッレ ヴィ2012
力強くも美しく立体的な奥深さを持つ素晴らしいハーモニー
シスター ムーン2012
「シスタームーン」はイル パラジオが誇るスーパートスカンで、1987年にスティングがリリースしたアルバム「ナッシング ライフ ザ サン」に収録された一曲から名付けられたワインです。メロディアスな曲調で幅広いファンを持つ、スティングの楽曲のなかでも人気のナンバーで、ワインのラベルには魅力的な楽譜が描かれ、曲の持つ世界観がワインにも見事に反映されています。

 

試飲コメント:ブラックベリーやチェリーの芳醇な香りに、目の詰まった充実した果実感にスパイシーさ、樽熟成の力強さの中にもトスカーナらしいエレガントさを感じます。凛とした酸とミネラルの美しく立体的な奥深さが綺麗に重なり合う美しいスタイルで伝統とモダンの両方を上品に取り入れた素晴らしいハーモニーを持つワインです。

シスター ムーン2012
スティング
イルパラジオのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.