唯一の地元農家としてボルゲリのテロワールを世界に轟かす偉大なカンティーナ!いち早くカベルネ フランの可能性を見出し、飽くなき探求心と情熱で躍進し続ける「レ マッキオーレ」突撃インタビュー

2021/08/06
  突撃インタビュー
 
2021年7月8日 チンツィア メルリ カンポルミさん Ms. Cinzia Merli Campolmi

唯一の地元農家としてボルゲリのテロワールを世界に轟かす偉大なカンティーナ!いち早くカベルネ フランの可能性を見出し、飽くなき探求心と情熱で躍進し続ける「レ マッキオーレ」突撃インタビュー

チンツィアさん
「レ マッキオーレ」は、大半の地を貴族が所有するボルゲリで、唯一の地元農家としてワイナリーを立ち上げ、ボルゲリの個性を世界に轟かせた造り手です。カンティーナを代表するカベルネ フラン100%の「パレオ ロッソ」、2004年に『ワインスペクテイター』で100点を獲得したメルロー100%で造る「メッソリオ」。気候から醸造、ボルゲリの個性すべてが詰まったワインを単一品種で表現しています。真のボルゲリ人のエウジェニオ氏が築いたカンティーナ、年々エレガントさが増すワイン、レ マッキオーレに参画した2人のご子息について、オーナーのチンツィア メルリ カンポルミさんにオンラインでお話を伺いました。

1983年、たった6つの生産者しか存在しなかったボルゲリに畑を購入。
唯一の地元農家として世界的生産者にまで上り詰めた「レ マッキオーレ」

カンティーナ1983年、当時若干21歳だった初代オーナー、故エウジェニオ カンポルミ氏が、地元ボルゲリに4ヘクタールの畑を購入したことでレ マッキオーレの歴史が始まります。当初、周囲ではサッシカイアのインチーザ デッラ ロッケッタ家やアンティノリ家などがすでにワイン生産をしていたものの、ボルゲリにはわずか6つの造り手しか存在していませんでした。「当時はボルゲリの偉大さを理解する人はほとんどいなかったんです。そんな時代に、夫のエウジェニオは愛する地元ボルゲリの土地を信じてワイン造りを始めました」と、現オーナーのチンツィアさんはワイナリー創設当初を振り返ります。

ちょうど創設から10年、1993年にレ マッキオーレ第一号となるカベルネソーヴィニヨン主体の「パレオ ロッソ’89」がリリースされます。「気候から醸造、テロワールの要素すべてをワインに反映できる“単一品種”こそが、最もボルゲリの個性を表すことができる」という考えのもと、年々畑を拡張しながらメルロー100%の「メッソリオ」、シラー100%の「スクリオ」を続々とリリースします。そして、ボルゲリ地区で初めてカベルネ フランに力を入れた生産者として知られるレ マッキオーレは、新しく「パレオ ロッソ」を世界的にも珍しいカベルネ フラン100%のワインにすることを決意します。

カベルネ フランは、故エウジェニオ氏がボルゲリという土地の可能性を信じ、初めて自社畑に植えた品種でもありました。そして、長い年月をかけ、パレオ ロッソは2001年ヴィンテージからカベルネ フラン100%としてリリースされます。しかし、悲劇は起こります。初代オーナーのエウジェニオ氏は2002年、新生パレオ ロッソの晴れ舞台を見届けることなく、40歳の若さでこの世を去ってしまうのです。2001年ヴィンテージは、彼がボトリングした最初で最後のカベルネ フラン100%のパレオ ロッソとなってしまいました。

以降、レ マッキオーレをともに背負ってきた妻のチンツィアさんが、故エウジェニオ氏の遺志を受け継いで指揮を執るようになります。90年代から評価誌で毎年のように90点台後半を獲得してきたレ マッキオーレですが、チンツィアさんに替わってもなお躍進は続きます。1992年から醸造コンサルタントとして迎え入れたルカダットーマ氏とともに有機栽培を開始するなど、故エウジェニオ氏が手塩にかけた畑やブドウの品質をさらに高めていき高得点を連発します。そして、ついにはメルロー100%で造る「メッソリオ2004」が『ワインスペクテイター』で100点満点を獲得。2008年には『Wine & Spirits』から、2009年にはイタリアソムリエ協会からワイナリーオブザイヤーに選出され、レ マッキオーレは偉大なワイナリーとしての地位を確立しました。

カサノヴァ畑

故エウジェニオ氏の情熱を受け継ぎ、飽くなき探求心と創意工夫で造るレ マッキオーレのワイン!

現オーナー、チンツィアさんに、現行のヴィンテージについて話を伺いました!
「私たちのワインの特徴は、エレガントさと飲みやすさです」

解説するチンツィアさん今回は、4本のワインを試飲させていただきました(残念ながらスクリオは試飲できず…)。年々エレガントになっているという印象をお伝えすると、「少しずつ作り方を変えているんです。樽のニュアンスを抑えてエレガントにしています。マッキオーレのワインはエレガントさと飲みやすさが特徴です」とチンツィアさん。そのチンツィアさんに1本ずつ丁寧に解説をしていただいたため、私たちも十分に理解を深めることができました。と同時に、彼女が持つ「現状に満足せず、さらに品質向上を目指したい」という情熱を感じることができました。

●パレオ ロッソ 2017
ボルゲリの歴史を変えた、レ マッキオーレを代表するワイン

パレオロッソ「パレオ ロッソは、ボルゲリの歴史を変えた1本で、レ マッキオーレを代表するワインです。2017年は独特の天候で難しい年。冬は暑く雨が降りませんでした。3月は暑く、4月は寒く、5月は暑く…と、春は暑い時期と寒い時期が交互に繰り返しました。6月から9月は気候に優れ寒暖差があったことは良かったです。しかし、雨がほとんど降らなかったので、夜間はスプリンクラーを使ってブドウの葉に水分を当てて調整を行いました。また、カベルネ フランの青さが出ないように、マセラシオンは通常より10日~15日短く15日間行いました。

コンクリートタンクにて発酵、オーク樽で熟成をします。実は2011年頃から樽を少し変えています。あらゆる森で取れた木がミックスされた特注の樽を使用していて、トーストの度合いも以前より弱めています。これにより、ワインに繊細さと柔らかさ、複雑さが与えられて、エレガントなワインに仕上がります。協力的なバリック製造会社のおかげで、私たちが目指すワインが実現できています」

●メッソリオ 2017
メルロー100%で造るカンティーナのトップキュヴェ

メッソリオ「メッソリオは1994年に初めてリリースされたワインです。ボルゲリで2番目に栽培されている品種、メルロー100%で造られています。とてもデリケートで早く熟成するため、温暖なボルゲリで造る場合は気を付けないといけません。ですから、高品質ワインに仕上げるのが難しいんです。しかし、エレガントでまろやかなタンニンが生まれるので理想的な品種でもあります。ここ数年は暑く、陽に当たりすぎるとメルローは火傷してしまう危険性があります。そのため、栽培する際に一番気を付けないといけないのは、葉っぱを落とさないこと。葉が日傘のような役割を果たし、ブドウを傷つけないようにしています。

2つの畑「プントーネ」と「ヴィニョーネ」で栽培されたメルローを使用しています。プントーネ畑は93年に植樹。かつて川が流れていた場所の横にあり、石が多く含まれた土壌。酸が高いメルローができます。ヴィニョーネ畑は99年に植樹され、粘土、砂質を含んだ土壌です。2つの畑を合わせて10区画に分けられています。それぞれのブドウは最後の最後までブレンドせずに、最後にバランスを見て比率を決めています。つまり、10回に分けて収穫し、10回に分けてワイン造りをしているということです。パレオ ロッソ同様に、ミックスされた木からなる樽を使用しています。それらの工程が完成度の高いエレガントなワインを生み出しています」マッキオーレ畑地図

●ボルゲリ ロッソ 2018
レ マッキオーレが誇る高品質の黒ブドウすべてを使用したブレンド赤

ボルゲリロッソ「ボルゲリロッソは、私たちが唯一ブレンドして造る赤ワインです。メルローの骨格や果実味、カベルネ フランのスパイシーさや直線的な味わい、メントール、カベルネソーヴィニヨンの骨格、シラーのフレッシュさで構成されています。最大の特徴は飲みやすさです。綺麗な味わいがはっきりとわかるワインになっています。

2018年もまた難しかったです。冬も春も雨が多く、湿気の多い年でした。ブドウの樹が病気になる恐れもあったので、葉っぱを切り落とし、ひたすら土を掘り起こして、土にまとわりつく湿気を除去することに徹底しました。夏は一転して天候に恵まれ、熟したブドウを収穫することができました。バランスに優れた飲みやすいワインに仕上がったことに私は満足しています。このボルゲリロッソは、肉料理だけでなく魚料理にも合わせることができる万能プレーヤーです」

●パレオ ビアンコ 2019
パレオ ビアンコ濃厚で豊かな樽の香りとデリケートな飲み心地

「パレオ ビアンコは、シャルドネとソーヴィニヨン ブランをブレンドして造られた白ワインです。2019年ヴィンテージは非常にじっくり熟成できました。2017年同様、春は気温の変動が激しかったです。3月は寒く、4月は暑く、5月は寒く、6月は暑く…。5月に雨が降りブドウの葉が伸びたため、管理が大変でした。本来は8月20日前後に収穫しますが、2019年の8月は寒暖差がありゆっくり熟成できたので8月末に収穫を行いました。

ブドウは朝早くに収穫したらすぐに冷蔵室に入れて8度まで冷やします。一晩寝かせたら除梗して、翌日に3時間クリオマセレーション(ドライアイスを用いてブドウを凍らせてプレス)を行います。発酵したら木樽に入れ、それをまた12度に保たれた冷蔵室に入れます。低温発酵をさせる理由は、品種独自の特徴をコントロールするためです。シャルドネは柑橘系の香りを保ち、ソービニヨンブランはハーブと猫の尿の香りが出ないようにしています。この作業は2017年から行っています。それ以前は冷やす技術がなく、早朝にすべてのことを1日でやらなくてはいけませんでした。冷蔵技術を導入して以来、温度設定が可能になったので1日中どの時間帯でも収穫でき、ブドウの選定にも時間を費やすことができます。

実はボルゲリにおけるシャルドネは、レ マッキオーレのみが力を入れている品種です。以前、ヴェルメンティーノも造っていましたが、平均的なものしかできなかったため断念しました。もっと力強さが欲しいという理由でシャルドネに変更した背景があります。」

スクリオ●スクリオ
初代オーナーが愛したシラー100%で造るレ マッキオーレのスーパートスカン3部作の一つ

「スクリオは1994年に初めてリリースされました。エウジェニオが、大好きなシラーでチャレンジしたいという思いで造ったワインです。シラーはとても元気な品種で、どうしても骨格がありすぎるワインになってしまいます。そのため、畑のバランスを考えないといけません。基本的にはプントーネ畑とヴィニョーネ畑からなるシラーを使用していますが、年によっては一つの畑のみのシラーになる場合もありますし、別の畑のシラーを使う場合もあります。生前、エウジェニオはシラーを偉大なワインにすることに情熱を注いでいました」

レ マッキオーレ初出し情報!以前に断念していたサンジョヴェーゼを新たに植樹!
「私たちは、常に挑戦しなければいけないワイナリーです」

「実はサンジョヴェーゼも断念した品種の一つなんです。ボルゲリの肥沃な土壌には、どうしてもサンジョヴェーゼはマッチしませんでした。しかし、私たちは常に挑戦しなければいけないワイナリーです。ボルゲリの生産者はまだまだ若く歴史も浅いため、まだ学ぶことも多いんです。初めて公開する情報ですが、4年後(2025年)に使用する予定のサンジョヴェーゼを新たに1ヘクタールの区画に植樹しました。以前植えていた場所とは異なる畑です。非常に飲みやすく興味深いワインになると思います」

家族と

 
愛好家垂涎のマッキオーレが造る白!
凝縮した力強さとデリケートな酸の見事なバランス
パレオ ビアンコ2019
1991ヴィンテージが初リリースのパレオ ビアンコ。ブドウの収量を徹底的に抑え、凝縮感あるブドウで丁寧に醸造します。8月の下旬に収穫、バリックで発酵後、バリックとトノーで7か月間熟成させます。6ヶ月以上の瓶内熟成を経てリリースされます。その希少性から毎年リリースされる度に世界中のレストランやソムリエによって争奪戦となるパレオ ビアンコ。レマッキオーレの中でも少量生産のため、リリースと同時に完売するワインです。

オレンジやバニラの芳しい香りに蜜やハーブのニュアンスが重なり豊かな印象です。飲むと豊満な果実のボリューム感を感じます。それでいて品のあるやわらかな口当たりと滑らかさあり、凝縮した力強い味わいとデリケートな酸のバランスの良さを感じます。今飲んでも楽しめますが、向こう10年の熟成のポテンシャルも感じる事が出来る素晴らしいワインです。

試飲コメント:輝く麦わら色。力強い香り。石のようなミネラル、グレープフルーツなどの柑橘系の香りが際立ちます。口に含むと、直線的な味わいが舌を駆け巡ります。フレッシュな酸味が口の中で存在感を放ち、レモンキャンディなどの心地よい風味が非常に長く続きます。

パレオ ビアンコ2019
レ マッキオーレが造る名刺代わりの究極コスパボルゲリ!『ワインアドヴォケイト』92点!
レ マッキオーレ ボルゲリ ロッソ2018
ボルゲリスーパートスカンの造り手、レ マッキオーレのお買い得ワイン「ボルゲリロッソ」。レ マッキオーレは、世界的ワインガイド『ワインスペクテイター』で100点満点を獲得したこともある「メッソリオ」や、「スクリオ」、「パレオ」という世界中のワイン愛好家たちがこぞって探し求めるスーパートスカンの造り手。そのマッキオーレをお手頃価格で楽しむことができるのが、このボルゲリロッソです。

レ マッキオーレの名を世界に広めた3つの偉大なスーパートスカン、メルロー100%で造る「メッソリオ」、シラー100%で造る「スクリオ」、カベルネ フラン100%で造る「パレオ ロッソ」。これらの傑作ワイン3品種それぞれの要素をブレンドして、より多くの愛好家の方にレマッキオーレを楽しんでもらいたい、と「ボルゲリロッソ」は造られました。3品種とカベルネソーヴィニョンの個性が素晴らしいバランスとなって表現されている、若いうちから楽しめる最高のパフォーマンスを持っている極上ワインです。

試飲コメント:深みのある濃い紫色。ブルーベリーなど紫や青のフルーツ、グリーンペッパー、カシス、スパイスなど複雑な香り。力強さと柔らかさを兼ね備えた口当たり。フレッシュな果実味と樽由来のスパイスのニュアンスがあり調和のとれた味わいで、余韻もが長く続きます。大きめのお肉がごろっと入ったパッパルデッレのミートソースと合わせたいと思いました。

レ マッキオーレ ボルゲリ ロッソ2018
ボルゲリの歴史を変えた1本!
『ワインアドヴォケイト』97+点!凝縮感とエレガンスの絶妙なバランス!
パレオ ロッソ2017
レ マッキオーレが造るカベルネフラン100%スーパートスカン「パレオロッソ」の2017ヴィンテージ!猛暑と言われたヴィンテージながらも素晴らしい評価を続々と獲得!『ガンベロロッソ』2021で最高賞トレビッキエリ、『ワインアドヴォケイト』97+点、『ジェームズサックリング』95点など2017年のパレオロッソも偉大な出来栄えとなっています!チョコレート、濃密なカシス、エスプレッソと様々なアロマが感じられる。濃密でシルキーな舌触り、口に広がる果実味が豊か。

うだるような暑さとなった2017ヴィンテージは、少しでも畑から目をそらすようなことをしてしまえば、簡単に果実味と酸のバランスが崩れることは明白でした。しかし、レ マッキオーレでは、2003年の猛暑の経験を糧に、ブドウの粒を小さく、凝縮感と酸のバランスをしっかり保てるような栽培に全力で集中することができました。結果として、果実の成熟感とエレガンスの絶妙な均衡を保ち、どんなに難しいヴィンテージでもモノセパージュで素晴らしいワインを造ることが可能であることを証明してみせました。特に、カベルネフランは申し分ない出来となり、「今年のパレオはぜひご期待ください」とのこと。

試飲コメント:美しく輝く深い紫色。カシス、チェリー、シナモン、グリーンペッパーの香りと複雑。味わいは力強い豊かな果実味がぐっと口中を覆います。力強さがありつつ、柔らかくエレガントでバランスの良い仕上がりだと感じました。余韻は非常に長く、いつまでも味わっていたい逸品。

パレオ ロッソ2017
『ジェームズサックリング』97点!洗練さと激しさを持つ圧倒的な完成度!
レ マッキオーレが誇る最高級赤ワイン「メッソリオ」
メッソリオ2017
レ マッキオーレがメルロー100%で造るスーパートスカン「メッソリオ」の2017ヴィンテージ。猛暑だったヴィンテージながら、圧倒的な完成度を誇り、果実の成熟感とエレガンスの絶妙な均衡が保たれた素晴らしい出来栄えに『ジェームズサックリング』で97点、『ワインアドヴォケイト』で95点の高得点を獲得しています!

カシスに、オレンジを煮詰めた甘酸っぱい果実、ホワイトペッパー、花、珈琲や生チョコレート、なめした皮の複雑な香り。柔らかでギュッと凝縮した果実の旨味が広がります。うだるような暑さとなった2017年ですが、ブドウの粒を小さく、凝縮感と酸のバランスをしっかり保てるような栽培に全力で集中。結果として、果実の成熟感とエレガンスの絶妙な均衡を保ち、どんなに難しいヴィンテージでもモノセパージュで素晴らしいワインを造ることが可能であることを証明してみせました。

試飲コメント:紫に近い濃いルビーレッド。香りはプラム、チェリー、レザーやチョコ、コショウなどのスパイスがあり、とても複雑でエレガント。非常に濃厚でコクのある味わいで、コーヒーやバニラなどの甘いスパイス、ブルーベリージャム、繊細なタンニンを感じます。余韻はマッキオーレのどのワインよりも一番長いです。飲み頃はまだまだ先と予想され、1本寝かせておきたいワイン。

メッソリオ2017
インタビューを終えて

生まれも育ちもボルゲリである初代オーナー、故エウジェニオ カンポルミ氏は誰よりも故郷を愛し、土地のポテンシャルを信じていたそうです。妻であるチンツィアさんは、そんな“偉大な生産地であるボルゲリが表現されたワインを作ること”を自身の夢として語ります。その言葉通り、「単一品種にすることこそが、最もボルゲリの個性を表すことができる」という考えのもと、マッキオーレがボルゲリで造ったワインは世界的に高評価を得ています。

「私たちボルゲリの生産者はまだまだ若く歴史も浅いため、まだ学ぶことも多いんです。今後進歩するテクノロジーを利用することも大切です」とも話し、インタビューを通じて、チンツィアさんから故エウジェニオ氏由来であろう熱意を感じ取ることができました。また、将来のレ マッキオーレを担うであろうご子息についてもお聞きすると、長男のエリア氏、次男のマッティア氏、お二方ともレ マッキオーレでワイナリー業に携わっているとのこと。エリア氏は、農業高校を卒業後、外国のワイナリーで働いてこられました。畑の責任者を務めるチンツィアさんの弟、マッシモ メルリ氏と同様に畑の責任者を務めています。次男のマッティア氏は、大学でマーケティングを学び、堪能な外国語を生かしてワイナリーで通訳や販売促進の仕事をしています。

ワインそのものだけでなく、そのワインをより向上させるための人的投資も明確に行われている印象です。マッキオーレの意思が故エウジェニオ氏からチンツィアさんへ、チンツィアさんからご子息へと脈々と受け継がれていくことで、いつの時代も輝く“ボルゲリの職人”として君臨し続けるのだろうと思いました。ボルゲリ唯一の地元農家としてテロワールを世界に轟かせるレ マッキオーレのワイン、ぜひお楽しみください。

チンツィアさんと
レ マッキオーレのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒