『ワインリポート』で絶賛!「買えるだけ買いたいヴィンテージ」素晴らしい出来映えのフェルシナのキャンティクラシコ2015年!

「ワインリポート」掲載!「何はともあれ2015は買えるだけ買いたいヴィンテージ」

フェルシナのキャンティ クラシコ 2015年が2018年3月19日掲載の「ワインリポート」で「1997年に通じる魅力がある。10年は楽に熟成するだろう。久しぶりにまとめ買いしたいワインに出会った。」と評価しています。また文末では「1966年に創設されたフェルシナほど、安定した高品質のワインを生産し続けるファットリアはそう多くない。何はともあれ2015は買えるだけ買いたいヴィンテージである。」と2015年の素晴らしさを絶賛しています!!

 

「買えるだけ買いたいヴィンテージ」素晴らしい出来映えのフェルシナのキャンティクラシコ2015年!

キャンティ クラシコ ベラルデンガ 2015 フェルシナ

(以下は「ワインリポート」より本文抜粋)
2015年は1997年に通じる魅力がある。7月が記録的に暑く、8月の少量の雨と気温の低下により、フェノリックの成熟ときれいな酸が得られ、ゴージャスでエレガントな酒質に仕上がった。サンジョヴェーゼ本来の酸を保ちながら、タンニンと果実の熟度が素晴らしい。ハイエンド・ワインの評価が高いようだが、エントリーレベルの質も高い。フォントディと並んで信頼できるフェルシナの、素晴らしい仕上がりに興奮させられた。「フェルシナ キアンティ・クラッシコ・ベラルデンガ 2015」(Felsina Chianti Classico Berardenga 2015)は電車道相撲で寄り切られる。豊満な果実が直球で飛び込んでくる。レッドチェリー、ガリーグ、タバコ、削り出した岩のようなミネラル、まろやかなテクスチャー。凝縮しているがどこまでもエレガントで、バルサミックな酸が後半に持ち上がる。10年は楽に熟成するだろう。久しぶりにまとめ買いしたいワインに出会った。3200円。92点。(中略)1966年に創設されたフェルシナほど、安定した高品質のワインを生産し続けるファットリアはそう多くない。何はともあれ2015は買えるだけ買いたいヴィンテージである。」

 

フェルシナ

キャンティ クラシコエリア最南端に位置する「カステルヌォーヴォ ベラルデンガ」地区最高の造り手と称される「フェルシナ」

キャンティ クラシコエリア最南端に位置する「カステルヌォーヴォ ベラルデンガ」地区最高の造り手と称されるフェルシナは1960年代当時、多くのイタリアワインが量産志向に向かっていた中、当主ドメニコ ポッジャーリは高品質のワインを造るべくブドウ畑を購入したのがワイナリーのスタートです。当時若いスタッフ栽培醸造チームは多くの思考錯誤を重ねながら、ドメニコの友人であった故ルイジ ヴェロネッリの紹介でスーパートスカーナのひとつ「フラッチャネッロ」を手掛けるサンジョヴェーゼ種のスペシャリスト、フランコ ベルナベイと出会います。これをきっかけにフェルシナは一気に質を高めていき、1983年にはフラッグシップである「フォンタローロ」とキャンティ クラシコの最高峰の1つ「ランチャ」をリリースし、世界の注目を集めることになります。

 

「ワインリポート」掲載!「旨み溢れる緻密なフィニッシュ」フェルシナのキャンティ クラシコ リゼルヴァ

キャンティ クラシコ リゼルヴァ ベラルデンガ 2013 フェルシナキャンティ クラシコ リゼルヴァ ベラルデンガ 2013 フェルシナ

フェルシナのキャンティ クラシコ リゼルヴァ 2013年が2018年3月19日掲載の「ワインリポート」で高評価を受けています。「うまみがあふれていて、長くてち密なフィニッシュは極めてフレッシュ。エネルギーの波動を感じる」と完成度の高さを絶賛しています!

(以下は「ワインリポート」より本文抜粋)
「フェルシナ キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 2013」(Felsina Chianti Classico Riserva 2013)は、ギュッと凝縮した果実が詰まっている。ダークチェリー、リコリス、鉛筆の芯、タンニンと酸が一体化していて強固なストラクチャー。うまみがあふれていて、長くてち密なフィニッシュは極めてフレッシュ。エネルギーの波動を感じる。4800円。94点。

 

「ワインリポート」掲載!丸いバランス感と張り詰めた緊張感!
『ガンベロロッソ』14度目の最高賞獲得サンジョヴェーゼ100%「フォンタローロ」

フォンタローロ 2010 フェルシナフォンタローロ 2010 フェルシナ

フェルシナのフォンタローロ 2010年が2018年3月19日掲載の「ワインリポート」で高評価を受けています。「なめらかなテクスチャー。酸、タンニン、果実、あらゆる要素があるべきところにあり、破綻がない。最後まで酸が張り詰めて、緊張感を保っている」と素晴らしいバランスの高さを絶賛しています!

「フェルシナ フォンタローロ 2010」(Felsina Fontalloro 2010)は、生き生きした果実、ブラックチェリー、タップナード、鉄分を帯びた黒い岩、なめらかなテクスチャー。酸、タンニン、果実、あらゆる要素があるべきところにあり、破綻がない。ジューシーなうまみが、丸いバランス感を生んでいる。最後まで酸が張り詰めて、緊張感を保っている。6800円。94点。(「ワインリポート」より本文抜粋)

『ガンベロロッソ』14度目の最高賞獲得!国際的評価も高いフォンタローロ2010年
2010年のフォンタローロは『ガンベロロッソ』で14回目の最高賞トレビッキエリを獲得、国際的評価も非常に高いフェルシナ珠玉のワインと言えます。

スパイシーなブラックベリーと地中海のハーブを想起させるアロマ

『ワインエンスージアスト』95点(2010ヴィンテージ)
「全てサンジョヴェーゼで造られているワインだ。スパイシーなブラックベリーと地中海のハーブを想起させるアロマが感じられる。ベルベットのような口当たりでブラックチェリー、甘草、黒鉛のニュアンスが寄り添うフィネスとパワーが感じられる」(2014年5月)

背後に潜む彫りの深いミネラルが実に見事だ
『ワインアドヴォケイト』94点(2010ヴィンテージ)
「2010年のフォンタローロは様々な畑から選別されたサンジョヴェーゼ100%で造られている。熟したチェリーや森の果実のニュアンスにより奔放で自由な個性を備えている。ブーケの複雑性はミネラル、ハーブ、アニスと粘土質によるもので背後に潜む彫りの深いミネラルが実に見事だ。飲み頃は2015〜2030年」(2013年8月)

素晴らしくバランスが取れた一寸の隙の無い見事なワイン
『アントニオガッローニ』94点(2010ヴィンテージ)
「2010年のフォンタローロは一寸の隙の無い見事なワインだ。甘美で表情豊かな赤い果実のブーケが溶け込んでいる。2010年のランチャと比較してみると、フォンタローロは明かに繊細でフェミニンなワインだ。全ての要素が素晴らしくバランスが取れていて、2010年にはかなり広い範囲で飲み頃を楽しむ事が出来るだろう。」(2013年8月)

 

「ワインリポート」絶賛のフェルシナを是非お試し下さい☆☆☆

Both comments and pings are currently closed.