ロミオとジュリエットの一節をモチーフにしたネーミングがロマンティックな美しい白「ノーネーム」限定入荷

ガンベロロッソ初リリースで『ガンベロロッソ』2017最高賞トレビッキエリ獲得!
レ ヴィーニェ ディ ザモ
が初リリースした「ノーネーム」2015年が『ガンベロロッソ』2017でいきなり最高賞トレビッキエリを獲得しました!フリウリから選ばれたのは26銘柄でヴィラ ルシッツ、イエルマン、グラヴネルと並び素晴らしい評価を得ています☆☆☆

 

 

ノー ネーム フリウラーノ 2015

ノー ネーム フリウラーノ 2015 はフリウラーノ100%から成るワインです。2007年の3月末まで「トカイ フリウラーノ」と呼ばれていたブドウの新しい名称です。この名前の変更にはハンガリー産のトカイワインのとの混同を避ける為、1993年11月にハンガリーがトカイ フリウラーノの呼称使用の禁止を要求した事に始まります。

フリウリの生産者たちは呼称に禁止に猛反発します。しかしながら却下されて現在のフリウラーノの名称に至ります。「ノーネーム」にはブドウへの愛情をこめて、ラベルの右下に「Dedicato a un nome negato」(否定された名前に捧ぐ)と記されています。呼び名は変わってもザモのワイン造りへの情熱は変わらない事を示すエピソードです。

 

 

ノーネーム「ロミオとジュリエット」のロマンティックな一節を用いてフリウラーノへの愛情を表現
ワインを包む包装にもこのワインへの思いを綴っています。シェークスピアの代表作「ロミオとジュリエット」での一節が書かれていて、悲嘆にくれながら気持ちを述べるジュリエットのロマンティックな一節を用いて、土着品種フリウラーノへの思いを謳っています。

『名前には、何があるというの? 私たちがバラと呼ぶものは、他のどんな名前で呼んでも、同じように甘く香るわ』(一部抜粋)

ジュリエットがロミオを思うように「名前そのものには何の意味もない。トカイ フリウラーノが他の名で呼ばれようと、同じように素晴らしいブドウだ」という思いが込められています。

 

カルトワイン「ミアーニ」で有名なブットリオ地区とロサッツォ地区のブドウを使用
「ノーネーム」の畑はミアーニの白で有名なフリウリのグランクリュと目される「ブットリオ」地区と日当たりの良い美しい畑DOCGロサッツォ地区と、イップリスにあるロッカ ベルナルダの丘陵地帯のブレンドによるもので、ブドウの樹齢は非常に古いものと樹齢5〜10年の若いブドウがブレンドして造られます。ギュイヨサンプル仕立てで栽培され1ヘクタール当たり4500本の高密植栽培でブドウの凝縮度を高めています。

 

ジュゼッペカヴィオラエリオアルターレやヴィエッティも手掛けた天才醸造家ジュゼッペ カヴィオラ氏がコンサルタント
2015年ヴィンテージからは天才醸造家ジュゼッペ カヴィオラ氏がコンサルタントを務めています。エリオ アルターレ、ヴィエッティ、ブルーノ ロッカ、ルイジ エイナウディといった超一流のカンティーナの醸造コンサルタントを務め、自らも「カ ヴィオラ」でワインを造り上げる凄腕の人物です。2002年には『ガンベロロッソ』で最優秀エノロゴに輝いたイタリアを代表する醸造家です。

 

「フリウラーノこそがフリウリの新潮流をつくるワイン」
カヴィオラ氏は「フリウラーノこそがフリウリの新潮流をつくるワイン。凝縮感、フレッシュでフルーティーなアロマ、ミネラル感とクリーミーな味わいを併せ持つ白ワイン」と確信し、品種のストーリーを思い起こさせる「ノーネーム」という名前でリリースする事になりました。

 

ノーネームフレッシュな酸味と清々しいミネラルが溶け合う味わい豊かで美しいボディ

トスカニースタッフ試飲で飲みました!輝きある明るいイエローの色調。白桃や西洋梨のみずみずしい果実香に柑橘系の爽やさ、ハーブやミネラル、ひと雫のハニーシロップの甘美なニュアンスが綺麗に重なります。飲むと、滑らかで充実した果実感、フレッシュな酸味と清々しいミネラルが溶け合う味わい豊かで調和のとれた力強くも美しいボディが感じられます。中盤からアーモンドの香ばしさが広がり、フリウラーノの上品でエレガントな品種特徴を表現しつつ、味わいの奥行きや豊かさがしっかりと感じられる見事な出来映えです。限定入荷ですのでお早めにどうぞ☆☆☆

 

 

レ ヴィーニェ ディ ザモのワインこちら⇒

Both comments and pings are currently closed.