2015年6月9日 マァジ社 マルコザウリ氏によるオゼレータセミナー

   
突撃インタビュー
2015年6月9日 マァジ社 マルコザウリ氏によるオゼレータセミナー

7世代続くアマローネの名門マァジが再発見した希少品種オゼレータの個性を知る

マァジファミリー
アマローネの名門として世界的に有名なマァジ社。ヴァルポリチェッラの伝統を守り、広めるための取り組みのひとつとして土着品種の研究を行っています。その研究の中で再発見したのが世界最古のブドウのひとつと言われる「オゼレータ」。その唯一無二の特徴について、比較試飲もまじえながらマルコ ザウリ氏にお話をお聞きしました。

古代ローマ時代からワイン造りをしていたヴァルポリチェッラの語源は「たくさんのセラーがある谷」

マァジは1772年にボスカイーニ家がヴァルポリチェッラの「ヴァイオ デイ マァジ」を購入して始まったワイナリーです。ヴァルポリチェッラ(Valpolicella)とは、ラテン語で「たくさんのセラーがある谷」という意味で、その名前の通り古代ローマ時代からここではワイン造りが盛んにおこなわれていました。

マァジはヴェネトの伝統を大切にしていますが、その伝統を守る上でも革新と研究が大切だと考えています。つまり、土着品種の良さを引き出すことが土地の伝統を守ることにつながるという考えです。ブドウの良さを知る上でも研究が必要なのです。

 
マァジのブドウ畑
 

世界最古の品種のひとつという希少な「オゼレータ」。生産性の低さから造られなくなってしまった品種をマァジが再発見

世界最古の品種のひとつという希少な「オゼレータ」今日のテーマは「オゼレータ」です。オゼレータは世界最古の品種のひとつとされているヴェネト固有の土着品種です。ヴェネトでしか造られていません。収量が非常に少ないため効率が悪く、50年ぐらい前は役に立たないブドウということで造られなくなってしまいました。オゼレータを残そうと考える栽培農家もいたのですが、今言った理由で他の品種に植え替える農家が増え、忘れ去られてしまったのです。ついにはイタリアのブドウ品種リストからも削除されてしまいました。

マァジのオーナー、サンドロは1970年代の終わりに自社畑の中にオゼレータを発見しました。誰もが栽培しなくなってはいましたが、自生的に残っていたブドウ樹でした。土着品種の研究に取り組もうとしていたマァジはこのオゼレータをコネリアーノの研究機関と共同で研究を始め、遂に復活させました。

 

唯一無二の個性を持つオゼレータ。マァジはオゼレータの可能性を引き出したワインを徐々に開発。

オゼレータの研究は、1980年代にマァジが着手したNASAシステム(=Natural Appassimento Super Asist)をはじめとする実験・研究の活動と同時進行に進めました。1885年にまずは2haの畑にオゼレータを植樹。6年間の実験を経てオゼレータを使った初めてのワイン「トアール1990」をリリースしました。トアールは最初ということもあって、オゼレータの比率は少なかったのですが、その後、オゼレータを80%にした「オザール1995」を造りました。オザールは2000ヴィンテージからはオゼレータ100%になっています。今でもオゼレータ100%のワインはオザール以外ほとんどありません。

2003年にはオゼレータを初めて使ったアマローネ「リゼルヴァ ディ コスタセラ2003」を2008年にリリースしました。先ほど、オゼレータがイタリアの品種リストから削除されていたと言いましたが、マァジの研究成果によって2000年にリストに復活、2003年にアマローネの規定品種としても認められました。現在、マァジは12haの畑でオゼレータを栽培しています。

マァジの畑
 

オゼレータの特徴

オゼレータ(Oseleta)はヴェネトの方言で「小さな鳥」を意味します。成熟するのが遅く、雪で覆われた寒い冬の畑に実がついているオゼレータは果皮が厚くて色が濃いため雪の中でも見つけやすく、小鳥が食べに来ることからその名がつきました。

実はとても小さいのですが種が大きいのも特徴です。そのため、タンニンが豊富で色が濃いブドウになります。房はとても小さく、だいたい10~12cmほどです。

香りはミネラルやスパイシーさ、リコリスなどがあり、味わいはボディ、タンニンともにゆたかでしっかりとしたストラクチャーになります。カビの影響を受けにくいので、アッパッシメントにも適しています。他の土着ブドウとのブレンドにも、単一品種としても使えます。

3つの比較試飲でオゼレータの個性、特徴に迫る!

今回、オゼレータの特徴を理解してもらうために3パターンの比較試飲をご用意しました。
まず、オゼレータそのものの味を知るために、オゼレータ100%で造るオザールを飲んでもらいます。
それから、?ヴァルポリチェッラ ?リパッソ ?アマローネの3つのワインについて、オザールが入っているものといないものとで比較してもらいます。
マァジが初めて造ったオゼレータ100%の珍しいワイン
オザール2007
オザールは個性が強く、味わいも強いワインです。通常の試飲の場合は最後に飲むタイプですが、今日はオゼレータの個性をまず理解して頂くために最初に飲んで頂きます。

熟成は24ヶ月間バリックの新樽で行います。マァジ唯一の新樽100%のワインです。オゼレータはタンニンと酸が強いため、それとバランスをとるためにバリックの新樽を採用しています。

オザールとはイタリア語の「オザーレ(osare)」が由来です。オザーレとは「何かを成す、挑戦する」という意味です。

試飲コメント:強烈なインパクトのワイン。非常に濃厚で光も通さないほどの濃さ。果実やスパイスなどが凝縮した香りで野性的なイメージも感じる。密度の詰まった果汁感がすごい迫力で広がっていき、酸とタンニンがしっかりと主張する力強い味わい。


オザール2007
ヴァルポリチェッラ比較試飲
ボナコスタ2012 vs トアール2010

イラトライア2010
 
トアール2010
ボナコスタ2012 トアール2010
ボナコスタはヴァルポリチェッラのスタンダードな3品種、コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラで造ります。フレッシュな味わいを楽しめる、デイリークラスのヴァルポリチェッラです。20%をバリックで熟成させています。

トアールはオゼレータを初めて使った歴史的ワインです。コルヴィーナ75%、オゼレータ25%です。オザールで見ていただいた濃厚な色合いがトアールにもあります。ボナコスタはここまで濃くはありません。

試飲コメント:フレッシュでチェリーのような果実感の優しい味わいのボナコスタに対して、トアールは果実味に加えてよりスパイシーさとタンニンの強さがプラスされた印象。その分複雑味が増している。

リパッソ比較試飲
カンポフィオリン2010 vs ブローロ カンポフィオリン オーロ2010

カンポフィオリン2010
 
ブローロ カンポフィオリン オーロ2010
カンポフィオリン2010 ブローロ カンポフィオリン オーロ2010
カンポフィオリンはボナコスタと同じく、スタンダードの3品種コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラで造ります。ボナコスタとの違いはリパッソをしていることと、一部陰干しブドウを使っていることです。18ヶ月間樽熟成しています。

ブローロ カンポフィオリン オーロはコルヴィーナ、ロンディネッラ、オゼレータで造っています。オゼレータの特徴がよく出ていて、より濃厚な色合いです。24ヶ月間樽熟成です。

試飲コメント:カンポフィオリンは、濃厚な外観ながら光は通すルビー色。香りに陰干しブドウの風味があり、甘さも感じる。上品で力強いストラクチャー。ブローロの方は、より深みのある色合いで凝縮感が感じられる。長期熟成によってもたらされたまろやかな重厚感のおかげで、オゼレータの強い個性が緩和されたような印象。

アマローネ比較試飲
コスタセラ2009 vs リゼルヴァ ディ コスタセラ2009

コスタセラ2009
 
 リゼルヴァ ディ コスタセラ2009
コスタセラ2009 リゼルヴァ ディ コスタセラ2009
コスタセラはコルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5%という、伝統的セパージュで造っています。24ヶ月間樽熟成です。コスタセラは「Gigante gentile」と呼ばれます。上品な巨人とでも言いましょうか、非常に力強く濃厚ですが上品さがあります。

リゼルヴァ ディ コスタセラは、コルヴィーナ70%、ロンディネッラ15%、オゼレータ10%、モリナーラ5%です。オゼレータを5%加えることで、濃厚な色合いと強いタンニンがアマローネに加わりました。熟成は38~40か月間です。

試飲コメント:コスタセラはとにかくエレガントでバランスがいい。陰干しブドウのニュアンスとフレッシュな果実味が調和した美しいアロマ。濃密感があり、まろやかな甘みが広がるエレガントな美味しさ。長く続く余韻まで完璧。リゼルヴァは、コスタセラをより激しく、強くした印象。決してとんがらず、コスタセラ同様バランスが素晴らしくいいので心地よく楽しめる。

セミナーを終えて
オゼレータの独特な個性を肌で感じることができたセミナーでした。100%オゼレータのオザールの強烈なインパクトはもちろん、オゼレータを使うか使わないかでヴェネトの伝統的なワインがどのように変わるのかを実感できたのも貴重な体験でした。

オゼレータを再発見し、実際にアマローネの品種として復活させたマァジの情熱は本当に素晴らしいものがあります。復活させただけでなく、それを広めていく努力を続けた結果、今ではオゼレータを栽培するワイナリーも増えてきています。

ヴェネトだけでしか造られていないオゼレータの魅力にぜひ多くの人に触れていただきたいと思います。

試飲ワインの数々
マァジのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.