2014年4月14日 カンティーネ デル ノタイオ社訪問

   
突撃インタビュー

2014年4月14日 カンティーネ デル ノタイオ社訪問

ワイン産地としてますます注目を集める南イタリアの中でその高いポテンシャルが際立つ「アリアニコ デル ヴルトゥレ」。2014年のヴィーニタリでいくつものヴルトゥレのワイナリーに会ってきました。その中で一番感動したのがカンティーネ デル ノタイオ。もっとよく知りたいと、バジリカータ州リオネーロ イン ヴルトゥレにあるワイナリーを訪問してきました。

リオネーロの市街地の地下にある1600年代の洞窟で熟成

今回の訪問はまず、リオネーロの市街地にあるワイナリー(事務所)に隣接する地下セラーの見学から始まりました。1600年代にフランチェスコ修道会が実際に使っていたという古い洞窟を熟成庫として使っているのです。トゥーフォと呼ばれる火山性凝灰岩を掘って造られた洞窟は温度と湿度が年間を通して一定で、ワインを熟成させるのに最適な環境。いくつもの小さな部屋があり、その部屋同士が細い通路でつながっているこの洞窟は古くから「ファチーレ」と呼ばれた伝統的な建築だそうです。
 
洞窟の中にはクリスマスに飾られるプレセピオのようなものがありました。プレセピオはキリストの誕生を表現したものが一般的ですが、ここにあるのは普通の人たち。ジェラルド氏はかつてのヴルトゥレの人々の仕事の様子や暮らしぶりを表現して、ヴルトゥレの歴史を伝えたくてこれを造ったそう。その一つ一つが精巧に作られていて、必見です。
 

洞窟(セラー)からワイナリーの事務所に移動して、お話を伺いました。

 

バジリカータの農業の発展に重要な役割を果たしてきたジェラルド氏が立ち上げたワイナリー

カンティーネ デル ノタイオは、バリ大学出身の農学士、ジェラルド ジュラトラボッケッティ氏が1998年に立ち上げたワイナリーです。ジュラトラボッケッティ家は、1400年代にアルバニアから移住してきた一族で、ブドウ農家として7世代続いてきました。ジェラルド氏の祖父はアメリカに渡り工場で働いたのち、1920年に帰国。その後、土地を買って畑を始めました。彼の3番目の息子がジェラルド氏の父親。のちに有名なノタイオ(公証人)になります。

一方、農業への並々ならぬ情熱を持っていたジェラルド氏は父の仕事は継がず、大学で農業を学んだ後に研究者となり、バジリカータの農業において重要な役割を果たしました。その後、祖父の土地を相続してワイナリーを立ち上げます。ワイナリー名は、ワイナリー設立において惜しみなく協力してくれた父親の仕事(ノタイオ)から。そして、造るワインの名前も公証人が用いる法律用語から付けています。

 

ヴルトゥレに育つアリアニコは晩熟。ゆっくりと熟し、収穫は10月中旬から11月中旬

アリアニコは古代ギリシャ時代から知られた品種でヴルトゥレ山の斜面に栽培されてきました。カンティーネ デル ノタイオの畑もヴルトゥレ山腹の標高450~600mの高い位置にあります。プーリアとカラブリアに挟まれたバジリカータは南イタリアの温暖なイメージとは程遠い冷涼な気候で、イタリアの年間最低気温を記録するほど寒い土地。

ヴルトゥレのアリアニコはそのため、晩熟となり、だいたい10月中旬から11月中旬にかけて収穫することになります。火山性土壌の肥沃でミネラル豊富な土壌、そして地中はトゥーフォ(凝灰岩)という貯水性の高い地層が1m以上もあるため雨の少ない時期でもブドウ樹は地中から水分を吸収することができます。

 

成熟具合によって収穫時期をずらして造られる個性の異なる4つのアリアニコ

カンティーネ デル ノタイオはアリアニコ デル ヴルトゥレ地区内の5つのコムーネ(リオネーロ、バリーレ、リパカンディダ、マスキート、ジネストラ)に30haの畑を所有、アリアニコを中心に、土着品種マルヴァジア、モスカート、フィアーノ、さらにシャルドネ、ソーヴィニョンを栽培。所有する畑ごとに土壌タイプや気候条件、畑の向きを分析。アリアニコに最適の畑を選別、個性の異なる3つのアリアニコ デル ヴルトゥレと1つのアリアニコIGTを造っています。
 
 

乾燥ブドウで造るアリアニコ

イル シジッロ アリアニコ デル ヴルトゥレ
フラッグシップのイルシジッロの収穫は11月下旬から12月上旬。やや過熟気味から乾燥が始まっている状態で収穫します。ジャムのようなニュアンスと甘みを感じる複雑味にあふれた味わい。
イル シジッロ アリアニコ デル ヴルトゥレ
 

十分に熟したアリアニコで造るビロードのようななめらかさのあるワイン

ラ フィルマ アリアニコ デル ヴルトゥレ
ラフィルマの収穫は11月上旬。十分に熟したブドウから力強く、ビロードのようななめらかさのあるワインが造られます。
ラ フィルマ アリアニコ デル ヴルトゥレ
 

アリアニコらしい果実味が楽しめる

イル レペルトリオ アリアニコ デル ヴルトゥレ
イル レペルトリオは成熟を迎えた段階で10月中旬から下旬にかけて収穫します。アリアニコらしい豊かな果実味と心地よいタンニンのバランスのとれた味わいになっています。
イル レペルトリオ アリアニコ デル ヴルトゥレ
 

フレッシュ感と同時にアリアニコのしっかりとしたボディを表現

ラット バジリカータ
10月上旬頃、熟し始めのタイミングで収穫したアリアニコから造られます。マセラシオンも約6日間と短く、フレッシュな果実味を楽しむことができます。
ラット バジリカータ
 

訪問を終えて

今回、カンティーネ デル ノタイオのすべてのワインを飲ませていただきました。アリアニコで造るメトドクラシコ(瓶内二次発酵)のスプマンテに始まり、アリアニコで造るロゼ スプマンテ、アリアニコと白ブドウのブレンドで造る2つの白、そしてロゼ。どれもとても美味しくて、アリアニコと言うブドウの素晴らしさを改めて実感できました。

そして、アリアニコの真骨頂、アリアニコ デル ヴルトゥレ。地理的にはイタリアの南端ですが、プーリアやカラブリアとは全く違う気候条件で、火山に由来するミネラル豊かな土壌と標高が高く寒暖差の激しい土地。知れば知るほどその奥深い魅力にひきこまれるワインです。

色々なアリアニコを飲み比べてきましたが、ノタイオのアリアニコは別格。ヴルトゥレの最高峰の素晴らしさをぜひ味わっていただければと思います。

 
カンティーネ デル ノタイオのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.