シチリア初のDOCG認定ワイン「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」を代表する造り手ヴァッレ デラカーテ

突撃インタビュー
2016年6月6日 ヴァッレ デラカーテ社 ガエターナ ヤコノ氏

シチリア初のDOCG認定ワイン「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」を代表する造り手ヴァッレ デラカーテ

ヴァッレ デラカーテの畑
シチリア初のDOCG認定ワイン、「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」の中心地アカーテで6世代にわたってワイン造りを続けるヴァッレ デラカーテ。90年代から始まったシチリアワインブームで『濃厚フルボディ』というイメージがついたシチリアワインですが、近年、世界的にエレガントな味わいのスタイルが好まれる中、軽やかで上品なワインを造る品種「フラッパート」や、フラッパートとネロダーヴォラで造る「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」に注目が集まっています。その中心的ワイナリー「ヴァッレデラカーテ」の6代目オーナー、ガエターナ ヤコノ女史にお話を聞きました。

シチリア初のDOCG「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」の中心地アカーテはクラシコを名乗れる村のひとつ。

ヴァッレデラカーテはシチリア南東部、ラグーザ県アカーテ村で6世代続くワイナリーです。ラグーザは世界遺産に登録されている建物がいくつもある観光地としても有名なところです。また、ミシュランの星付きレストランが4つあり、食事がおいしいことでも知られています。ラグザーノというチーズやトマトの産地としても有名です。町がとても美しいのもあって、イタリアの人気TVドラマ『モンタルバーノ警部(Il commissario Montalbano)』の舞台にもなっています。日本でも放映されているようなので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。チェラスオーロディヴィットリアにはクラシコのカテゴリーもあります。クラシコを名乗れるのはアカーテ村、ヴィットリア村、コミソ村、キアラモンテ グルフィ村、サンタ クローチェ カメリーナ村の全域と、カターニア県の一部です。

チェラスオーロディヴィットリアのエリア

1870年代はバルクでフランスへ輸出。1980年代から本格的に自社でボトリングを始める。1990年代後半の「シチリアワインルネッサンス」で濃厚フルボディのネロダーヴォラが一躍有名に。

私たちの先代は、ずっとワインを造ってはいましたがもっぱらフランスへ樽で輸出をしていました。1870年代以降のことです。シチリアのワインはパキーノ、リポスト、マルサラ、スコリッティという港からフランスや北イタリアに次々と輸出されていました。だからシチリアという地名よりも、その港の名前のワインとして知られていたんです。エトナで造られていたワインは「リポスト港」から輸出されたので、エトナワインとしてではなく、リポストワインとして認識されていたんです。1980年代になって私の父が自社でボトリングをするワイナリーを立ち上げました。その後、1990年に私もワイナリーの一員として働くようになって、父と一緒に本格的に高品質ワインを造ることをスタートしました。

シチリアワインが世界的に知られるようになったのは1990年代の後半です。「シチリアワインルネッサンス」とも言われますが、ネロダーヴォラを使った濃厚フルボディのモダンなワインが登場し、一気に有名になりました。そのおかげでシチリアに注目が集まったのですが、この「シチリア=濃厚フルボディ」というイメージが定着してしまったのも事実です。

ネロダーヴォラといっても、造られる場所によってその特徴は大きく異なります。南西部のメンフィあたりで造られるものはしっかりとした果実味がありますし、トラパニあたりはスパイシー。そしてヴィットリアではミネラリーなものになります。シチリアはひとつの州ですが面積がとても広く、ひとつの大陸と考えてもいいぐらい、多様性のある土地なのです。

シチリアの多様性がシチリアワインの魅力。「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」はヴィットリアのフラッパートの特徴が生かされる

シチリアはギリシャ、ローマ、イスラム、スペインなど、古代から様々な民族が支配してきた歴史があります。また、海に囲まれ、内陸には高い山があり、土地の特徴もバラエティに富んでいます。土壌のタイプも非常に多く、当然ながら造られるワインの味わいも土地によって全く異なります。近年人気の出てきたフラッパートは、特にラグーザが適しているといわれています。シチリア初のDOCG「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」はフラッパートとネロダーヴォラのブレンドで造られますが、ラグーザのフラッパートの特徴が生かされた味わいとなっています。

フラッパートは「スマイリングワイン」といわれます。甘さを感じる心地よい香りがあるので、そのアロマを感じるだけで自然に笑顔になるからなんです。

合わせる料理はマグロやカチョカヴァッロ、ボッタルガのパスタ、ピザなど。トマトソースで煮込んだ魚介類ともよく合います。魚料理が主体のレストランではフラッパートをよく使っていますね。

フラッパートの個性がわからないと「チェラスオーロディヴィットリア」の本当の価値がわからない

「チェラスオーロディヴィットリア」を知らずに初めて飲んだ方は、その軽やかさに驚かれます。シチリアの、しかもDOCGだから勝手に濃厚フルボディなワインだと思っていた人もいるようです。最近も中国人のジャーナリストから「チェラスオーロ ディ ヴィットリアのように軽いワインがDOCGなんて考えられない。」というようなことを言われました(笑)。フラッパートのように非常にエレガントで、どこか軽やかで、飲むと爽やかな風が吹いたように感じるワインはシチリアワインのこれまでのイメージとは異なります。でもこれがフラッパートの個性なんです。この素晴らしい個性を理解していないと、「チェラスオーロディヴィットリア」を正しくは評価できないのだと思います。

実はチェラスオーロディヴィットリアは長期熟成のポテンシャルのあるワインです。一見、エレガントで弱いイメージがありますが、実際にはブルゴーニュのような要素を持っているんです。最近も1996ヴィンテージを飲みましたが、ピンピンしていました。

今、チェラスオーロ ディ ヴィットリアDOCGとして生産されているワインの量は約100万本と、それほど多くはありません。造っているワイナリーは30社ほどありますが、メインは私たちを入れて5社ですね。

エレガントスタイルのワインが人気となってきた今、チェラスオーロ ディ ヴィットリアに取り組み始めたプラネタのような大手ワイナリーが増えてきました。

7種類の土壌タイプに合わせたワイン造り

ヴァッレ デラカーテは100ヘクタールの畑があります。その畑は7種類の土壌タイプに分けられます。祖父の代の頃は経験で「この土地にはこのブドウが向いている」ということがわかっていたのですが、乳の代になってからは化学的に分析を行って区別するようになりました。シチリアの土壌の研究はアッティリオシェンツァ教授が中心になって行いました。ヴァッレデラカーテ 畑の区画
■TERRA GIALLA(黄色土壌) ザグラ(インツォリア)
■TERRA BIANCA1(白色土壌) ビディス(シャルドネ)

■TERRA NERA CON CIOTTOLI DI COLORE BIANCO(白石混じりの黒色土壌) イルフラッパート(フラッパート)

■TERRA ROSSA(赤色土壌) チェラスオーロ ディ ヴィットリア(ネロダーヴォラ、フラッパート)

■TERRA NERA(黒色土壌) イルモロ(ネロダーヴォラ)

■TERRA OCRA(黄土色土壌) タネ(ネロダーヴォラ、シラー)

■TERRA ROSSO ARANCIO(オレンジがかった赤色土壌)

TERRA BIANCA(白色土壌)で造るフレッシュでエレガントなシャルドネ
ビディス2013
白色土壌で造られるシャルドネ100%から造られます。TERRA BIANCAは白い石灰質土壌のやせた土地です。標高250メートルの頂上部分に位置していて、1年中風が吹く土地です。昼夜の寒暖差が大きく、そのためシャルドネが熟しすぎずにちょうどよいバランスとなります。フレンチオークの新樽で発酵していますが、決してぼてっとはならず、飲み心地の良いワインとなっています。

試飲コメント:柑橘系のアロマ。味わいはフレッシュでミネラルも感じられる。余韻にはほんのりとバニラのニュアンス。暑いシチリアのイメージとは異なり、エレガントなスタイルでフレッシュさが楽しめる。

ビディス2013
TERRA NERA CON CIOTTOLI DI COLORE BIANCO(白石混じりの黒色土壌)で造る「スマイリングワイン」フラッパート
イル フラッパート2013
白い石が混じった黒色土壌で造るフラッパート。ブドウ樹の根が地下深くまで伸びるような土壌構成になっています。そのため、土壌の特徴を感じる、複雑な香りが感じられます。ピノネーロとも対比されるのですが、似たイメージがあります。ワインだけで楽しんでもいいですし、マグロ料理やピザなどとも合わせても美味しいです。

試飲コメント:フランボワーズや赤い果実、バラなどの気持ちの良い香り。フラワリーなニュアンスも感じられる。軽やかな上品さのある果実感が心地よく、いつまでも飲み続けられる。

イル フラッパート2013
TERRA ROSSA(赤色土壌)で造るチェラスオーロディヴィットリア。ネロダーヴォラとフラッパートの絶妙なブレンド
チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラシコ2011
「イルフラッパート」のフラッパートは白石混じりの黒色土壌のものですが、チェラスオーロ ディ ヴィットリアに使っているフラッパートは赤色土壌で造っていて、よりボディがあります。熟成はネロダーヴォラが600リットルの樽で12ヶ月間。フラッパートはステンレスタンクだけの熟成です。チェラスオーロディヴィットリアは、法律上はネロダーヴォラを50%以上70%まで、フラッパートを30%以上50%まで、と決められています。私たちはネロダーヴォラ70%、フラッパート30%です。ネロダーヴォラのある意味、粗野でなめし皮のようなトーンがフラッパートのエレガントな特徴と調和し、抑えられていると思います。

試飲コメント:ラズベリーのジャムのような濃密な果実感とスパイシーなニュアンス。タンニンはしっかりとあり、酸も感じられる。フラワリーな印象も。イルフラッパートよりはボディが強め。

チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラシコ2011
TERRA NERA(黒色土壌)で造る力強く熟成感のあるネロダーヴォラ
イル モロ2009
小さな黒い石が多く含まれている黒色土壌で造る樹齢約20年のネロダーヴォラ100%です。この土地はほとんど黒に近い色です。リコリスや黒イチゴ、ピュアな赤い果実味が感じられます。しっかりとしたタンニンのあるパワフルなワインです。肉料理や熟成させたチーズなどによく合います。試飲コメント:凝縮した果実感。そしてミネラル。2009ヴィンテージながらまだまだ若々しさを感じる。バランスのとれた熟成感。 イル モロ2009
TERRA OCRA(黄土色土壌)で造る長期熟成型ネロダーヴォラ
タネ2010
標高200メートルの砂質の黄土色土壌に育つネロダーヴォラとシラーのブレンドで造ります。畑の面積も小さく、収量も低いため生産本数は少ないです。1年間フレンチオークで熟成、瓶熟成も長くしています。10年以上の長期熟成のポテンシャルがあります。タネというのはガエターナのあだ名です。私の祖母もガエターナでタネと呼ばれていました(笑)。

試飲コメント:カカオやチョコレートのニュアンスが特徴的。しっかりとした飲みごたえのあるワイン。

タネ2010
インタビューを終えて
ヴァッレ デラカーテ オーナーのガエターナさんとフラッパートやチェラスオーロ ディ ヴィットリアを飲むと、改めてシチリアは奥が深いと感じます。「飲むと笑顔になるでしょ」とガエターナさんがおっしゃるように、華やかで甘い香りに触れると自然に幸せな気持ちになってくるのだと思います。ガエターナさんが強調されていたのが「ボトルに込められたメッセージ」。それぞれのワインにはその背景に歴史と文化があり、同じワインはないということ。同じフラッパートでも、他の地域で造られたものは自分たちのと全く違うと。

持続可能な農業「Agricoltura Sostenibile」にも取り組み、土地の守り人として次世代へと引き継ぐことの責任を意識してワイン造りをしているヴァッレ デラカーテ。ここでしか造られない「フラッパート」と「チェラスオーロ ディ ヴィットリア」でシチリアワインの豊かさを感じていただければと思います。

ヴァッレ デラカーテのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.