2014年5月29日 メディチ エルメーテ社 来社

   
突撃インタビュー


2014年5月29日 メディチ エルメーテ社 来社

大人気ランブルスコ「クエルチオーリ」の造り手メディチ エルメーテの4代目、アルベルトさん。世界中にメディチのワインを紹介するのが彼の仕事だそうで、まさにランブルスコの伝道師。
高品質ランブルスコにいち早く取り組んだメディチのワイン造りについて詳しくお話を聞くことができました。ルネサンス期のフィレンツェで最大の権力をもっていたあのメディチ家の血筋を引く人、とお会いする前はちょっと緊張していたのですが、とっても気さくな人で安心しました。

19世紀に自家用のランブルスコを造ることから始まった

メディチ エルメーテは110年の歴史がある家族経営のワイナリーです。曽祖父のレミジオはパルマに3つのオステリア(民宿とワインバーが一緒になったもの)を経営していたのですが、レッジャーノ地区に畑があり、オステリア用にランブルスコを造りはじめました。

彼には3人の息子がいたのでそれぞれにオステリアを残しました。その1人エルメーテは自分のところだけでなく、他のオステリアにもランブルスコを販売し始め、事業を広げていったのです。

今はエミリア ロマーニャ州の主要なワインを造る生産者として3つのワイナリーを持っています。

 

ランブルスコブームに惑わされず、品質を大切にしていたメディチはランブルスコに「単一畑」の考えを取り入れた

1970~80年代、第1次ランブルスコブームがありました。エミリア地方は肥沃で、ほっとくとブドウはどんどん成長して大量の房をつけます。そのため大量生産のワインが簡単にできました。「イタリアのコカコーラ」とも言われたぐらい流通していました。でも、大量生産だったことから低品質のものが多く、次第に見向きもされなくなってしまいました。

メディチ エルメーテはブームの時も、ブームが去っても品質重視のワイン造りを目指しました。ブドウが育ちすぎるのを防ぐため、仕立ての古い畑をすべて植え替え、収量を下げるためにコルドンスペルナートの仕立て法に変えました。

また、単一畑でランブルスコを造るという考えから「コンチェルト」を造りました。所有している農園のひとつ「テヌータランパータ」の畑のランブルスコサラミーノだけで造っています。収量は11000~12000kg/ha。DOCの規定が18000kg/haなのでいかに低いかがわかると思います。

コンチェルトは「ひとつのワインにひとつのテロワール」と言うのがポリシーです。このような考えで造られているランブルスコはほとんどありません。『ガンベロロッソ』の2010年版でランブルスコ史上初のトレビッキエリを受賞し、以来5年連続獲得しています。

このポリシーのもと、ボッチオーロ、アッソーロも同じコンセプトで造っています。

かつて100以上の種類があったランブルスコ種。現在は淘汰されて10以下に。

ランブルスコはバリエーションが多く、100年前は100種類以上ありました。現在は淘汰されて10以下です。ランブルスコは「美食街道」と言われるエミリア街道沿いに広がるエリアで造られますが、レッジョエミリア地区とモデナ地区では土壌が異なり、同じ種類のランブルスコでも異なる味わいになります。

例えばサラミーノ種はレッジョエミリア地区に適していて、ボディと香りの強いワインになりますが、モデナ地区だとやや弱い感じになるため、甘口のランブルスコにしか使いません。

グラスパロッサ種はモデナ地区の南部エリア、ソルバーラ種はモデナ地区の中央部でその個性を発揮します。

ここから試飲をしました。

 

コストパフォーマンスを絶賛されるクエルチオーリライン


クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ
 
クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ
クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ
 
クエルチオーリラインは所有する4つの農園のブドウをセレクションして造ります。ブドウはランブルスコ サラミーノとランブルスコ マラーニが半々です。サラミーノはボディーと果実味を、マラーニは酸味をワインに与えます。

クエルチオーリは飲み心地の良さを重視した、ベーシックラインのランブルスコです。もちろんストラクチャーもあるし、香りも味わいもしっかりしているので消費者の方からもジャーナリストからもコストパフォーマンスを評価されますね。

残糖値はセッコが14g/l、ドルチェは50g/lです。50gもあると普通は甘さだけを感じて飲み続けられないのですが、クエルチオーリ ドルチェは酸とボディがしっかりあるのですっきりとした甘口になっています。ランブルスコのドルチェは一般的には品質の低いものが多いと思われがちですが、これはMONDUS VINO 2013で金賞を受賞しているんです。

 


実はランブルスコではなかった!!ランブルスコの名前よりも味わいを優先したアッソーロ

アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ 2013
アッソーロは格付け上、レッジャーノDOCのカテゴリで、ランブルスコではありません。ランブルスコにするためにはランブルスコ種以外のブドウを15%以下にしないといけないのですが、アッソーロはアンチェロッタを15%以上使っているため名乗れません。アンチェロッタはサラミーノの酸味を包み込み、果実味を引き出すのに重要な役割を果たすブドウです。私たちはランブルスコという名前よりも、味わいを選びました。
アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ 2013

特別なランブルスコ「コンチェルト」

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2012
コンチェルトは特別なランブルスコですが、それには3つの理由があります。それは

1.規定の収量の40%以下に抑え、ブドウの品質を高めている

2.スキンコンタクトを長くとり(6日間)、タンニンと凝縮感を味わいに与える

3.低温でゆっくりと時間をかけて二次発酵を行う

収穫したブドウを圧搾して得られた果汁と、一次発酵を終えたワインとを混ぜて二次発酵をしますが、メディチは果汁の量を多めにして、より果実味のしっかりとしたランブルスコになるようにしていると同時に、二次発酵をゆっくりと行うことで繊細でやわらかな泡を造ります。ボディのある赤ワインと繊細な泡との共存。これが最も大切です。


コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2012
 

グラスパロッサの独特の苦みを中和するために造った甘口ランブルスコ

ボッチオーロ ランブルスコ グラスパロッサ ヴィノ フリッツァンテ ドルチェ 2013
グラスパロッサ種で造る甘口ランブルスコで、ランパータの畑のものを使っています。グラスパロッサはランブルスコ種の中でもタンニンが最も多い品種で、そのために独特の苦みがあります。メディチはその苦味を上手に中和させるため、甘口のランブルスコに仕上げています。
ボッチオーロ ランブルスコ グラスパロッサ ヴィノ フリッツァンテ ドルチェ 2013
 

インタビューを終えて

ランブルスコはエミリア地方でずっと昔から愛されているワインで、それは今も同じ。造られるランブルスコの大部分は地元で飲まれているそうです。食事の友として愛され続ける、まさに地ワインの代表格ということを改めて認識しました。

それにしても5年連続のトレビッキエリのスーパーランブルスコ「コンチェルト」はやっぱり只者ではなかったです。

メディチ エルメーテ

のワインはこちら⇒

突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.