サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネロ」を抑えブラインド試飲最高評価第1位!「オレーノ」を造るセッテポンティ突撃インタビュー

 

 

突撃インタビュー
2017年1月24日 セッテポンティ社 ステファノ マッジーニ氏

「サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネロ」を抑えブラインド試飲最高評価第1位!
「完成されたスーパートスカン」セッテポンティのトップキュヴェ「オレーノ」!

ワインボトル
『ガンベロロッソ』2015でワイナリー オブ ザ イヤーを受賞したトスカーナの重鎮、セッテ ポンティ社。今回、世界的スーパートスカン「サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネッロ」、セッテ ポンティ社のトップキュヴェ「オレーノ」を含む計6種ブラインドテイスティングに参加してきました!結果はなんと偉大な3本のスーパートスカンを抑え「オレーノ」が単独1位となりました!素晴らしい結果を獲得したワインについて、セッテ ポンティ社の輸出部長であるステファノ マッジーニ氏にお話を聞きました。

プロフェッショナル19名によるブラインド試飲で「オレーノ」が単独1位!

ブラインド試飲今回の試飲ワインはステファノ マッジーニ氏がイタリアから今回のイベントの為に特別に持参したワイン。ですので、ワインのコンディションはほぼ同じ条件。ヴィンテージは全て2013年物が用意され、同じ特徴を持つ年で、それぞれのワインの持つ個性が判断基準となりますので、ヴィンテージの差異によるハンデもない、同条件下での試飲となりました。試飲したのはワインのプロフェッショナル19名。銘柄は知らされずに準備されたワイングラス(A~F)を一通り試飲して、1点~最高6点の6段階評価を付けます。

 

19名の得点集計が終わり発表された順位は、

 

オレーノ1位83点:オレーノ(セッテポンティ)参考価格8438円

2位75点:オルマ(セッテポンティ)参考価格9342円

3位75点:オルネッライア 参考価格21600円

4位57点:ティニャネッロ 参考価格9504円

5位45点:サッシカイア  参考価格15055円

6位43点:クロニョーロ(セッテポンティ)参考価格3564円

 

「サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネッロ」を抑えて第1位!

なんとセッテポンティの「オレーノ」が「サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネッロ」を抑えて第1位に!近年の非常に高い評価を得ている事は知っていましたが、これほど明確に差がついた事に驚きました!バリックの風味に負けないブドウ本来の豊かさ、美しい酸、ミネラルの風味が口中を包み込む味わいは素晴らしく偉大で極上のエレガンスを感じさせてくれます。

 

オレーノは「完成された美しいスーパートスカン」

テイスティングの後、オレーノ2011年を試飲しましたが、これがまた素晴らしい出来映え。深みが増した圧倒的存在感。2011年らしからぬ力強さと美しさが共存する見事なバランス。2011年のオレーノに2010年世界最優秀ソムリエ『ルカガルディーニ』が98点、「ベストイタリアンワインアワードTOP50」2014で、ルチアーノ サンドローネ(4位)サッシカイア(6位)を抜いて第2位評価となっています。オレーノは「完成された美しいスーパートスカン」と言っても過言ではないでしょうか。

セッテポンティ社ステファノマッジーニ氏と

ステファノ氏にさらに詳しく「オレーノ」やセッテポンティ社についてお伺いしました。

 

サヴォイア家の王女マルゲリータから購入した畑でトップクオリティのワイン造り
セッテポンティ社のオーナーは高級靴の老舗「アルファンゴ」のオーナーでもあるアントニオ モレッティ氏です。ファッションビジネスで成功を修めた後、父親がサヴォイア家の王女マルゲリータとマリアクリスチーナの両王女から1950年代に直接購入したトスカーナ、アレッツォの畑で永年の夢であるトップクオリティのワインを造りはじめました。

名画『モナリザ』にも登場する歴史深い橋に由来するワイナリー名

モナリザ
モナリザの絵画にも登場する橋に由来するワイナリー名
ワイナリーの名のセッテ ポンティとは、「7つの橋」を意味する言葉で、アレッツォとフローレンスの間を流れるアルノ河にかかる7つの橋に由来しています。名画モナリザの右肩上部にその橋の一つ、ブリアーノ橋が描かれています。今も現存する歴史ある橋です。(写真右下)

 

1935年から育つ樹齢80年超の希少なサンジョヴェーゼ
橋
ブドウ畑は海抜200m~300mの高地にあり、土壌は粘土質から砂質まで様々ですが、ガレストロと呼ばれる石灰石や泥灰成分を多く含む土壌がワインに独特のアロマと複雑さ、ストラクチャーを与えています。畑にはサンジョヴェーゼ、カベルネソーヴィニヨン、メルロなどが栽培され、品質を高めるため1ヘクタールあたり約6000本の高密度で樹が植えられています。 最も古い畑は、1935年にサヴォイア=アオスタ公爵の委任の下で管理され、”Vigna dell’Impero”(帝国のブドウ畑)と名付けられた3ヘクタールの畑で、主に樹齢80年のサンジョヴェーゼが植えられています。

『ガンベロ ロッソ』ワイナリー オブ ザ イヤーに選ばれる実力派

カルロフェリーニ天才エノロゴ「カルロ フェリーニ氏」を招聘
父親の代はアンティノリやルフィーノ等、キャンティのトップクラスの生産者にバルクでワインを売っていましたが、サヴォイア家の王女から買った畑で、納得の出来る良いワインを造る事がアントニオ モレッティ氏の長年の夢でした。そこで彼は醸造の技術よりも畑そのものを充実させて、葡萄本来の力を重視する考え方の、天才エノロゴ、カルロ フェリーニ氏を招聘しました。フェリーニ氏はセッテポンティの畑を土壌毎に品種を決めて栽培、砂地にカベルネソーヴィニヨン、粘土質にメルロ、小石の多いガレストロ土壌にサンジョヴェーゼを植え、バランスとパワーを合わせ持つ土地の個性を生かした「クロニョーロ」を1999年に初リリースさせます。現在はエリオ アルターレ、ヴィエッティ、ブルーノ ロッカ、ルイジ エイナウディといった超一流のカンティーナの醸造コンサルタントを務め、自らも「カ ヴィオラ」でワインを造り上げるジュゼッペ カヴィオラ氏にエノロゴが引き継がれています。カヴィオラは2002年『ガンベロロッソ』で最優秀エノロゴに輝いたイタリアを代表する醸造家です。

 

ガンベロロッソ『ガンベロ ロッソ』ワイナリー オブ ザ イヤーに選出

セッテ ポンティの基本スタイルは深みがあってエレガント。滑らかな質感が特徴となります。土地の個性を活かしたものと、国際的な品種を使ったアイテム、2つのスタイル両方に独特で滑らかな質感を目指しています。過去数年間で畑の購買を繰り返し、現在330ヘクタールを所有、内55ヘクタールで葡萄を栽培しています。栽培においてはグリーンハーベストと厳しい選定を行い、1株につき良いブドウを僅か3~4房ほどしか残しません。収穫されたブドウはカンティーナで更に粒毎に厳選していきます。品質に高い拘りを持ってワイン造りを行っています。『ガンベロロッソ』2015では「ワイナリー オブ ザ イヤー」にも選ばれました。

 

ボルゲリ、マレンマとシチリアにもワイナリーを所有土壌は粘土質、砂質、石灰岩質等様々で、その状況に応じて伝統的なサンジョヴェーゼや世界的に知名度の高いカベルネソーヴィニヨンやメルロ等を栽培し、サンジョヴェーゼ主体の「クロニョーロ」、メルロー主体の「オレーノ」とそれぞれのコンセプトのワインを造っています。現在はここアレッツォにあるセッテ ポンティと、トスカーナ南部の温暖な気候に恵まれたマレンマ地区(ポッジオ アル ルポ)と、ボルゲリ地区(オルマ)、シチリア島南東部(フェウド マッカリ)と3ヶ所にワイナリーを所有しています。

 

スーパートスカンや重鎮バローロをも凌ぐ最高峰評価「オレーノ」
産地の個性を生かして濃厚ながらも特有の滑らかさを持つ「オレーノ」は2011年が『ルカ ガルディーニ』 で98点、『ジェームズサックリング』で96点、『ガンベロロッソ』は2009~2011まで3年連続最高賞、ドゥエミラヴィーニで5グラッポリ獲得、「ベストイタリアンワインアワード TOP50」2014では1位のダル フォルノ ロマーノに次ぐ第2位の評価で、ルチアーノア サンドローネ(4位)、サッシカイア(6位)、カサノヴァ ディ ネリ(7位)らを抑えての偉大な評価を獲得しています。

オルネッライアに隣接するスーパートスカン「オルマ」

オルマ畑
オルネッライアに隣接するスーパートスカン「オルマ」

モレッティ氏がボルゲリに所有するブドウ園の一つで新たにワイン造りを始めます。2005年に初リリースした「オルマ」はオルネッライアに隣接、レ マッキオーレ、サッシカイアに程近いカスタニェート カルドゥッチ地区の最良区画に位置しています。ボルゲリ地区内陸部の粘土質と砂質が混じる恵まれた土壌と海からの穏やかな風が吹く好条件を満たした理想的な環境で、土壌は石ころの多い粘土質土壌の7ヘクタールの畑です。

 

『ガンベロロッソ』5年連続最高賞トレビッキエリオルマ地図「オルマ」は「足跡」という意味で、世界で評価されるボルゲリ地区において、モレッティ氏が着実な1歩を踏み出した意味を表わしています。「オルマ」ではテロワールの表現に全ての努力を注いでいます。「オルマ」2011年は『ジェームズサックリング』97点のハイスコアを獲得。「フルボディでセクシーな魅力を放つ過去最高の出来」と言われています。『ガンベロ ロッソ』誌でも2007~2011年と5年連続最高賞トレビッキエリを獲得しています。

フルボディでリッチ!実力派セッテ ポンティのキャンティ
キャンティ ヴィーニャ ディ パリーノ2014
「パリーノ」とは畑の名前から取られています。サンジョヴェーゼ100%で造られます。オーク樽は使用せず、約10日間のセメントタンク醗酵、ステンレスタンク熟成後、2~3ヶ月間の瓶内熟成を経てリリースされます。

 

試飲コメント:チェリーやイチゴの赤い果実の香り。サンジョヴェーゼの果実味を活かしたスタイルと力強さが魅力的でこの価格帯ではとても良い品質があります。サービス温度は16度が最適で、シンプルに塩、胡椒でグリルした赤身のお肉料理と好相性です。

キャンティ ヴィーニャ ディ パリーノ2014
偉大な価値を放つ傑作トスカーナ!サッシカイアと同等評価の実力派「クロニョーロ」
クロニョーロ2011
ワイン名はワイナリーの敷地内に豊富に茂っている自然林「コルナス」から名づけられました。サンジョヴェーゼ主体にメルローがブレンドされています。フルボディで極めて上質なタンニンと非常に長く続く余韻があります。ブラインド試飲でサッシカイアと僅か2点差となっています。価格を考えるとてもお買い得です。

 

試飲コメント:骨格の確りとした凝縮感のある果実感、滑らかなタンニンと美しい酸が溶け合い、力強くもしなやかで滑らかな味わいが感じられます。フルボディかつ洗練されたスタイルが魅力的でこの価格帯ではかなりハイレベルにあると思います。

クロニョーロ2011
ブラインド試飲でサッシカイア、オルネッライア、ティニャネッロを抜いて最高評価!ブドウ本来の豊かさとエレガンスが口中を包み込む完成されたスーパートスカン
オレーノ2011
オレーノは力強いですが美しい酸があり、ダイナミックさとエレガンスが共存したワインです。メルローとカベルネソーヴィニョンが主体で2008年からはサンジョヴェーゼに代わりプティヴェルドを使用しています。

 

試飲コメント:成熟したチェリー、プルーンの豊かな果実香にコーヒー、チョコレート、ユーカリの葉のニュアンスが複雑に入り混じります。飲むと凝縮した果実感、タンニンも円やかで堂々たる存在感、継ぎ目のない滑らかさと分厚さを感じますが、エレガントな酸、ミネラルが基調にあるので、飲み疲れせず実に心地良い味わいが感じられます。

オレーノ2011
オルネッライアに隣接する最良区画!フルボディでセクシーな魅力を放つ「オルマ」
オルマ2011
畑は7ヘクタールでボルゲリ地区カスタニェートカルドゥッチのオルネッライアに隣接、サッシカイア、レ マッキオーレに程近い最良区画に位置します。2005年初リリース後、『ガンベロロッソ』で2007~2011まで5年連続最高賞トレビッキエリを受賞しています。フルボディでとても上質。かつセクシーな魅力を放っていいます。

 

試飲コメント:骨格の確りとした凝縮感のある果実感、滑らかなタンニンと美しい酸が溶け合い、力強くもしなやかで滑らかな味わいが感じられます。フルボディかつ洗練されたスタイルが魅力的です。

オルマ2011
インタビューを終えて
プロフェショナル19名のブラインド試飲で「サッシカイア」「オルネッライア」「ティニャネッロ」を抑え第1位に輝いた「オレーノ」。ステファノ氏のお話を聞いていくと数々の国際的ワイン誌で毎年のように安定して最高峰評価を得ていました。これまで騒がれなかったのが不思議なくらいですが、「オレーノ」の最高の味わいが高名なスーパートスカンに比べ、リーズナブルに手に入るので、今後ますます見逃せないワインとなりました。バリックの風味に負けないブドウ本来の豊かさ、美しい酸、ミネラルの風味が口中を包み込む味わいは実に偉大で極上のエレガンスを感じさせてくれます。表面的な強さではなく美しさの中にブレない芯の強さがあるスタイルはまさしく「柔と剛」。相反する要素が共存する魅力で楽しませてくれる数少ないワインの一つだと感じました。「オレーノ」是非一度お試しください。
セッテポンティ社 ステファノマッジーニ氏とトスカニースタッフ
セッテポンティのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.