2012年9月22日 コッレベレート

 
突撃インタビュー

2012年9月22日 コッレベレート

コッレ ベレートとの記念撮影
キャンティクラシコ地区の中心、ラッダインキャンティの造り手「コッレベレート」は、フィレンツェでルイヴィトンなど有名ブランドのアクセサリーを手がけるロレンツォさんとフランカさん夫妻が農園を1980年に購入して始めたワイナリー。今回、訪問したいことを伝えると、ワイナリー責任者のベルナルドさんから「それは嬉しい!ちょうどその日は収穫祭をするからぜひ出席してください。」という返事。収穫祭ってどんなの?と思いながらのワイナリー訪問となりました。

ラッダインキャンティの南向き斜面を所有

ラッダ イン キャンティの丘 ベルナルドさん:今日はコロリーノを収穫しています。収穫してからの最初の工程を見ることができますね。

トスカニー:それは楽しみです。ところで、どこからどこまでがコッレベレートの畑ですか?

畑 ベルナルドさん:あの丘の上にあるのがラッダインキャンティの町です。あそこからこの建物までの斜面に広がっている畑がコッレベレートの畑です。土地は全部で60haあります。南向き斜面だから一日中、日が当たります。
ラッダインキャンティには1000年代に造られた修道院がありますが、現在はキャンティクラシコ協会が入っています。当時の修道院は周辺の村の人たちにワイン造りをさせて、彼らに生活の基盤を与えていたんです。このあたりは標高も高く、条件が良かったのでブドウを育てるのに最適だったんですね。3500~4000年前の発酵所の遺跡も見つかっています。

畑ごとにタンクを分け、最後のボトリングまで別々に醸造

ベルナルドさん:先に醸造所の中をご案内します。収穫したブドウは畑ごとに別々のタンクで発酵させます。温度や酸化具合が一目でわかるようにコンピューターで管理しています。そして、樽ももちろん畑ごとに分けます。最後のボトリングのときまで混ぜることはありません。

トスカニー:畑ごとにすべて分けているのですか?

   
ベルナルドさん:はい。(ほかの部屋に移動して)今、ここでは発酵後のワインのバトナージュを行っています。キャンティクラシコリゼルヴァとイルチェンノ(ピノネロ100%)、イルトッコ(メルローとサンジョヴェーゼ)はバトナージュは手でやっています。その後、サンジョヴェーゼは2年目か3年目の樽に、イルチェンノとイルトッコは新樽で熟成させます。この2つはできるだけワインに負担をかけないようにするために、ボトリングのタンクへ移す際、ポンプを使わずに重力だけで移しています。

醸造施設

トスカニー:すごいですね。

ベルナルドさん:そして、これがボトリングの機械です。2005年に新しくしたのですが、コルクとワイン(液体)の間に気圧差ができないような仕組みになっています。そのため、ワインが酸化する事はありません。

   
このあと、まだ発酵段階のイルチェンノを試飲。
酵母のニュアンスがいっぱいでしたが、すでにワインの味になっていて、数年後が楽しみな印象。さらに熟成中のバリック樽からイルトッコとイルチェンノを飲ませていただき、その美味しさに目が点。
熟成樽

ベルナルドさん:収穫したブドウが到着したみたいなので、上に行きましょう。選別する様子をご説明します。

収穫したブドウを一粒一粒を丁寧に選別

収穫 ベルナルドさん:収穫はすべて手摘みです。この小さなかごに入れて畑から運びます。まず、ここにブドウを入れて、枝や葉を取り除きます。

トスカニー:この段階でここまできれいにするんですね。

選別作業 ベルナルドさん:ええ、このあと枝を取り除く機械に入れますが、最初のうちにできるだけ除きます。そして、その後、さらに粒を選別する作業に入ります。

トスカニー:一粒一粒見ていくんですね!ここまで細かい選別をしているとは知りませんでした。本当に選りすぐりのブドウだけを使っているんですね。

ベルナルドさん:ところで、コッレベレートの建物は1200年ごろの記録にも残っています。もともとは教会が所有し、その後が何人もの手に渡り、1980年に今のロレンツォとフランカが購入しました。畑はずっとあったので、コッレベレートとしての初リリースは1981年のキャンティクラシコになります。1983年にサンジョヴェーゼ100%でイルトッコを造りました。ご存知のように当時はサンジョヴェーゼ100%でキャンティクラシコを造ってはいけなかったので規格外でした。イルチェンノは1990年に造り始めました。

建物の外に出てみると、今夜の収穫祭の準備が着々と進んでいました。

   

トスカニー:今日のパーティーはどんな人たちがこられるのですか?

ベルナルドさん:ロレンツォとフランカの知人が多いので、モード関係者が多いかな。あと、インポーターの人たちも何人かいます。

トスカニー:すごいセッティングですね。このテントは仮設?

ベルナルドさん:もちろん仮設です。今日は出席者が多いからケータリングで、このテントも彼らがセッティングしています。

屋外パーティーセッティング

仮設とはいえ、テントにはシャンデリア、そして真っ白いテーブルクロスの上にはキャンドルや花、ワイングラスが所狭しと並べられ、とても豪華な雰囲気です。19時ごろからアペリティーヴォのスプマンテ(コッレベレートはスプマンテも造っています)が配られ、出席者が集まってきました。イタリアらしくパーティーが始まったのは21時を回っていました。パーティーの演出やホストのロレンツォさんとフランカさんの出席者一人ひとりへの気配りも素晴らしく、夢のような時間をすごさせていただきました。

テーブルセッティング ダンス フルーツ

コッレベレートの訪問を終えて

キャンティクラシコの指定地区は、歴史的に、伝統的に昔からキャンティを造ってきたエリアだけに限定されていますが、その中でもラッダインキャンティは最も早くからキャンティが造られてきた土地。ブドウ栽培に適した条件の良い場所だったと言葉にするのは簡単ですが、実際にその風景を見てみると、標高が高く、なだらかな斜面に広がる美しい畑が連なっている様子は、キャンティクラシコの中でも際立って美しい場所であることを実感します。

コッレベレートのワインのレベルの高さは、ラッダインキャンティの素晴らしい畑と、一粒一粒にいたるまで徹底した品質管理のたまものだと実感しました。モダンではなく、キャンティクラシコの伝統を尊重した造りから生み出される洗練された味わいを多くのお客様に楽しんでいただきたいと思います。

コッレベレートとの記念撮影

コッレベレートのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.