ロバートパーカーが「南のサッシカイア」と絶賛!カンパーニャのカルトワイン「モンテヴェトラーノ」

突撃インタビュー
2017年1月30日 モンテヴェトラーノ社 シルヴィア インパラートさん

「南のサッシカイア」!ロバートパーカーが絶賛するカンパーニャのカルトワイン「モンテヴェトラーノ」最新&バックヴィンテージ2009年比較試飲!

モンテヴェトラーノ社シルヴィアインパラート氏と
ロバートパーカーに「南イタリアのサッシカイア」と絶賛され、『ガンベロロッソ』18年連続トレビッキエリ等、常にイタリアワイン界のトップに君臨するカンパーニャのカルトワイン「モンテヴェトラーノ」。力強く深いスケール感と優雅で滑らかな味わいは、世界中のワイン愛好家を魅了する唯一無二の素晴らしい個性を放っています。昨年に続いて来日したモンテヴェトラーノ社のシルヴィア インパラートさん、今回初来日のシルヴィアさんの娘ガイアさんと、イタリア国内で大変な話題となっているモンテヴェトラーノ初リリースの白「コーレ ビアンコ」、モンテヴェトラーノ最新2014年と輸入元の秘蔵ストックである希少なバックヴィンテージ2009年を比較試飲しました。シルヴィアさんと旧知の仲であるワインジャーナリスト宮嶋勲さんの通訳兼解説でモンテヴェトラーノのもつ味わい素晴らしさについてお話を聞きました。

ヴィニタリー初お披露目で素晴らしい評価!初リリースの白「コーレ ビアンコ」

ヴィニタリー2016コタレッラが醸造するモンテヴェトラーノ初の白!
昔から白ワインを造りたいと思っていて、カンパーニャの土着品種であるグレコとフィーアを50%ずつブレンドして造りました。「コーレ ビアンコ」は2015年が初ヴィンテージです。ワイナリー30周年を記念したリリースした赤「コーレ ロッソ」と対になる白ワインです。「フレッシュですぐに楽しめるワイン」がコンセプトになっています。ブドウはベネヴェント県の良質なブドウを購入し、モンテヴェトラーノのエノロゴであるリッカルド コッタレラが「コーレビアンコ」を醸造、モンテヴェトラーノのカンティーナでボトリングを行います。

 

50回目を迎えた「ヴィニタリー」で初披露!大変な話題となった「コーレ ビアンコ」
50回目を迎えた2016年の「ヴィニタリー」でファーストヴィンテージのコーレビアンコ2015年を初披露しました。「モンテヴェトラーノ初の白」と大変な話題となり、2016年6月のリリース直後からイタリア国内で大成功を収めました。畑は標高400メートルで寒暖差があり、モンテヴェトラーノに比べると、冷涼な環境となります。

 

~宮嶋さんの解説~
「コーレ ビアンコ」は南部チレントのようなトロピカル的な要素をもつ白ではなく、アペニン山脈の影響を受けた綺麗な酸をもつクリーンでフレッシュな白ワインです。グレコの厳格さを保ちつつもわかりやすくフレッシュな味わいがあります。食事と楽しんで欲しいワインです。

モンテヴェトラーノ30周年を記念してリリース!アリアニコ100%で造る赤「コーレ」

コーレ娘ガイアさんがデザインしたハートラベル
コーレロッソは2011年が初ヴィンテージで、モンテヴェトラーノ30周年を記念して造られたワインです。1回だけのリリースのつもりでしたが、好評なので造り続けています。ベネヴェント県のアリアニコ100%で造ります。コーレとはナポリの方言で「ハート」の意味ですがそれと同時に「私の大切なもの」という意味もあります。ワインに詳しくない人でも飲んで楽しめるワインを造りたいと思いました。それにはカンパーニャを代表するブドウ「アリアニコ」を使っています。コーレに描かれたハートのラベルは現在ドルチェ&ガッバーナで働いている娘のガイアがデザインしました。 

~宮嶋さんの解説~
「コーレ」はアリアニコの厳格さと果実味、スパイシーさが共存するスタイルで品質の高さにおいてはモンテヴェトラーノと一緒であると言えます。日本の焼肉や、焼き鳥と非常に相性が良いです、アリアニコ種というと「タウラージ」が思い出されますが、タウラージを食事に合わせるにはワインが力強すぎる事があります。「コーレ」の持つ若い果実感と白コショウを思わせるスパイシーさは、食事を誘う味わいと言えます。

『ガンベロロッソ』2017最高賞!揺るぎない実力モンテヴェトラーノ2014年

ガンベロロッソ20172014年は『ガンベロロッソ』2017で最高賞トレビッキエリを獲得しました。近年はアリアニコの比率をより増やしています。2014年はメルローを減らし、土着品種であるアリアニコが増やしています。2014年はシチリア、サルデーニャを除くイタリア全土で雨が多かったヴィンテージとなりました。特に北のエリアでは雨に加えて低温が続き、ブドウに大きな影響を及ぼしたと言われていますが、南部のモンテヴェトラーノでは雨は降ったものの温暖な気候でブドウも成熟していきました。ただ厳しい選果を行いましたので生産量は例年に比べと少ないものとなりました。2016年10月にリリースしました。

モンテヴェトラーノ

 

~宮嶋さんの解説~
モンテヴェトラーノ2014年
2014年のモンテヴェトラーノは最初のアタックが非常に柔らかい。飲み終わった後にタンニンやスパイシーな豊かな風味が追いかけて来ます2014年の特徴が出ていると思います。(試飲の2時間前に抜栓、温度が上がり過ぎないように16度前後をキープ)

 

2009年も『ガンベロロッソ』最高賞をとった年で好きなヴィンテージの一つです。モンテヴェトラーノらしい厚み、酸、エレガンスが感じられます。

 

~宮嶋さんの解説~
モンテヴェトラーノ2009年
まだまだ最新ヴィンテージと言ってもいい位の力強さがあります。2007年を飲みましたが熟成のトーンは少なく、2000ヴィンテージでやっと熟成したトーンを感じるほどでした。(試飲の2時間前に抜栓、温度が上がり過ぎないように16度前後をキープ)

ヴィニタリーで大きな話題を呼んだモンテヴェトラーノの白!土着品種グレコ&フィアーノ
ブレンドの優れた飲み心地と美しいフルーツ香!
コーレ ビアンコ2015
2016年6月、50回目の「ヴィニタリー」で初お披露して話題になったに「コーレ ビアンコ」です。ファーストヴィンテージは2015年です。昔からカンパーニャの土着品種であるグレコとフィアーノで白ワインを造りたいと思っていました。内陸部ベネヴェント県のサンニオで栽培された良質な買いブドウを使っています。モンテヴェトラーノ同様にリッカルドコタレッラ氏が醸造しています。イタリアで大成功を収めたワインです。

試飲コメント:クリーンなミネラルの涼しげな印象にピュアで美しいフルーツ香が綺麗に溶け合っています。飲むと、グレコの厳格さとフィアーノの心地よさが繊細かつ優美なタッチで溶け合うフレッシュ感溢れる豊かな味わい。クリーンなタッチでわかりやすい美味しさが特徴ですが、決して単調ではなく、中盤から広がる果実の風味、キレのあるミネラルの旨みが味わいの要所をしっかりと抑えていて秀逸なボディバランスによる優れた飲み心地が感じられます。前菜、魚料理から白身肉料理と幅広く合わせる事が出来、様々なシーンで重宝するマルチユースな懐の深さも感じます。

コーレ ビアンコ2015
年々高評価!モンテヴェトラーノのセカンドワイン「コーレ」
コーレ2014
ファーストヴィンテージの2011年でいきなり『ルカマローニ』で90点、『ジェームズサックリング』で2013年が91点、2014年が93点と着実に評価が上がっています!特に2014年の93点はフラッグシップのモンテヴェトラーノと同点評価!モンテヴェトラーノが手掛けるアリアニコの途方ない素晴らしい実力が年々メキメキと表れてきています!

試飲コメント:深いルビーレッドの色調があり、リコリス、ヨード、レザーのニュアンスでベリー系果実やスパイシーなアロマを感じます。熟した豊かな果実感とタンニンが美しく調和、きれいなミネラルも感じられます。これからの熟成は勿論、今からでも十分に楽しめる極上のスタイルに仕上がっています。モンテヴェトラーノのリッチで豊かな味わいを引き継ぐ実にお買い得なワインです。焼き鳥や焼き肉、ローストしたラム肉やテンダーロインのグリル、熟成チーズと好相性です。

コーレ2014
「南イタリアのサッシカイア!」
18年連続トレビッキエリ獲得、イタリア5大評価誌から常に最高の評価を受ける偉大なカンパーニャ赤
モンテヴェトラーノ2014
2014年は深く濃いルビー色。飲むと圧倒的な果実の凝縮感、厚みがありながらもソフトでしなやかなボディが感じられ、まるで一枚のシルクを纏ったかのような非常に滑らかな舌触りがあります。中盤から余韻にかけて広がる果実、スパイス、タンニンの美しいハーモニーが感じられ、口中を優しく撫でるような優雅なタッチで喉元へ落ちてきます。

試飲コメント:アフターの風味は洗練され、モンテヴェトラーノが持つ壮大なスケール感、決して重すぎない上品で豊かなフレーバーが口中に長く感じられます。モンテヴェトラーノが生産量を落としてまで求めた、「しなやかな強さと極上のエレガンス」が交錯する唯一無二の味わいです。赤身肉料理との相性は抜群です。特別なひと時に楽しみたい最上の一本。

モンテヴェトラーノ2014
輸入元が秘蔵ストックとして熟成させていたモンテヴェトラーノ2009年!
モンテヴェトラーノ2009
輸入元でゆっくりと熟成されていたコンディション抜群のモンテヴェトラーノです。今まさに飲み頃を迎えた希少な一本です。真に開花した偉大な味わい!

試飲コメント:厳格で力強いニュアンスを芯に感じる豊かな味わいながら、熟成により舌触りはこの上なくしなやかです。アルコールの嫌味やブレも無くウルトラスムーズな口当たり、エレガントなタッチで迫りくる果実の滑らかさと粒子の細やかなタンニンが絶妙なバランスを誇っています。口中に染み渡る旨みを残し優雅に喉元に落ちていきます。まだ若々しい印象もあり、熟成も可能です。パワー一辺倒ではない真に開花したモンテヴェトラーノの偉大な味わいが堪能できる希少な1本です。

モンテヴェトラーノ2009
インタビューを終えて
常に世界最高峰のワインを造り続けるモンテヴェトラーノ。初めてリリースした「コーレ ビアンコ」は食事を美味しくするミネラルや酸と言った美しいファクターが感じられ、完成度が高く和食とも合わせてみたい凛とした美しさがありました。これで初リリースだと思うと今後ますます期待が持てます!シンプルでセンスの良いハートラベルは赤白ペアで贈り物にもきっと喜ばれるだろうと思います!モンテヴェトラーノは偉大でありながらとても優雅で柔らかな味わいが印象的でした。2009年のバックヴィンテージは力強さとエレガンスが交錯する実に魅力的な味わい。数分も続く美しい余韻にしばし言葉を失うほど。最新ヴィンテージと比較してモンテヴェトラーノの凄さを改めて思い知らされました。偉大なワインが持つ強さと美しさが胸にしみるようなひと時でした。
モンテヴェトラーノ社シルヴィアインパラート氏とトスカニースタッフ
モンテヴェトラーノのワインはこちら⇒
突撃インタビューバックナンバーはこちら⇒
Both comments and pings are currently closed.